16th-banner-Internal-Mobile-480X164 16th-banner-Internal-Tablet-768X181
jp-fair202403-470x160.webp

イギリスで学ぶ医用生体工学コース

医用生体工学とは

医用 生体 工学の学位を取得して、工学の力を利用しながら、医療問題に取り組む方法を学びましょう。イギリスの医用生体工学または、生体医工学(biomedical engineering、bio med engineering)の学位は、工学、生物学、そして医学の原理を組み合わせて医療の課題についての解決策を開発する学際的なコースです。医用生体工学のコアモジュールは一般的に解剖学と生理学、生化学、バイオメカニクス、医学画像、信号処理、また生体材料などのトピックを網羅しています。講義で学んだ理論の理解し応用するだけでなく、実験の計画と実施、データの分析と結果の報告に関する理解をサポートするために、実験室で実験を行う機会もあります。

多くの医用 生体 工学 学位では、臨床現場で医療従事者の仕事を観察し実践的に学ぶことができる臨床体験を提供しています。これは医療で直面している現実社会の課題とそれらをサポートするため、エンジニアリングソリューションがどのように役立つかについての貴重な洞察を提供します。医用生体工学業界の企業で働くことによって、実務経験を積むことが可能な産業プレースメントイヤー(1年間の実務経験)もほとんどの医用生体工学の学位で提供されています。イギリスで医用生体工学の学位を取得すると、工学、生物学、医学の原則についての優れた基礎が身に付き、医療の課題に対する革新的な解決策を開発できるようになります。

医用生体工学コースの種類

イギリスで医用生体工学を学び、科学と技術の素晴らしい発展に貢献しましょう。次に医用生体工学コース学士課程、修士課程、博士課程のコース期間、学費、入学条件をご紹介します。

医用生体工学の学士課程

医用生体工学の学士課程コースは、ヘルスケアの研究や開発の分野で働く次世代の医用生体工学エンジニアを育成するために設計されています。医用生体工学の学位で含まれるモジュールには、数学と統計、メカニック、材料科学、熱力学、電子工学、エンジニアリング設計などが含まれます。

コース期間

医用生体工学の学士課程コースは通常3年間ですが、大学によっては、1年間の業界での実務経験(プレースメントイヤー)や1年間の留学を含む4年間のプログラムを提供しています。

コースの学費

イギリスの医用 生体 工学 コースの学費は、大学やコース期間など いくつかの要因によって異なります。イギリスの生物医学工学・学士課程コースにおける留学生の学費は平均年間18,000ポンドから30,000ポンドとなっています。

入学条件

学生は、Aレベルまたは国際バカロレアなど同等の資格を持っていることが求められるでしょう。入学要件は、イギリスの各大学によって異なりますが、通常、数学や化学、物理学、生物学など関連科目の優れた成績が求められます。

一般的な成績の目安として、国際バカロレア総合が34から36点、A レベルはAAB(数学または生物学、化学、コンピューター化学、高等数学または物理学が含まれている必要があります。)、またIELTS総合スコアは6.0以上、各コンポーネントは5.5以上といった成績(または同等のもの)が入学条件として必要となるでしょう。

医用生体工学の修士課程

修士課程コースでは、医用画像、生体材料、バイオナノテクノロジー、遺伝子工学および組織工学、バイオメディカルエレクトロニクスなど、高度な生体医工学の幅広い分野を学ぶことが出来ます。このコースに含まれる主要な科目は、遺伝学、分子生物学、物理学、数学、化学、コンピュータプログラミングなどです。

コース期間

医用生体 工学の修士課程コースは、フルタイムかパートタイムコースかによって異なりますが、一般的には1~2年で修了します。

コースの学費

修士課程コースの学費は年間約23,000ポンド以上が予想されますが、学費は大学やプログラムなどによって異なります。

入学条件

一般的に関連する科目の 2:1またはそれ以上の学位(大学によっては2:2以上)、また国際的な同等の学位が必要です。入学条件は、イギリスの各大学によって異なりますのでご確認下さい。その他の資格や関連する経験は、個別に評価されます。

医用生体工学の博士課程

医用生体工学の博士課程コースでは、この分野でトップクラスの研究と高度なコースワークを統合した実践的な学習体験を提供しています。

コース期間

医用生体工学の博士号を取得するには一般的に3年から6年かかりますが、各大学のコースによって異なりますのでご確認下さい。

コースの学費

博士課程コースの平均的な学費はフルタイムコースで年間約15,000 ポンドから 35,000 ポンドですが大学やプログラムによって大きく異なります。

入学条件

一般的に関連する科目の 2:1以上の学位、またそれと同等の国際的な学位が必要となるでしょう。しかし入学条件は各大学によって異なりますのでご確認下さい。大学によって面接が必要な場合もあります。

医用生体工学の奨学金

イギリス大学では医用 生体 工学科のコースを学びたい学生にも大学や民間団体から、様々な奨学金が提供されています。奨学金制度は、実績に応じたもの、経験やその他事情に応じたものなど様々ですが、頻繁に変更されますので、ご自身の状況や学習計画に合わせて、最適なものを見つけましょう。まずは、SI-UKのイギリス留学奨学金ページやイギリス大学・大学院奨学金検索ページをご活用ください。

医用生体工学コースへの出願

SI-UKはイギリス大学医用生体工学コースへの出願をサポート致します。先ずはSI-UK東京・大阪にお問い合わせの上、 初回無料コンサルティング をご予約ください。

医用生体工学卒業後のキャリア

医用生体工学を学んだ卒業生は卒業後、工学分野で多くのキャリアパスが開かれています。

バイオメディカルエンジニア--人工臓器、義肢、そして診断ツール等の医療機器やデバイスを設計し開発します。

臨床工学技師--病院や医療施設でX線装置MRI、スキャナー、そして、透析装置などの医療機器のメンテナンスや修理を行います。

医療機器営業担当者--病院やクリニック、またその他の医療機関に医療機器や医療技術をプロモーションし販売します。医療機器営業担当者はテクノロジーとその応用についての十分な理解と、優れたコミュニケーション力、そしてセールスのスキルが必要となります

薬事申請スペシャリスト--薬事申請スペシャリストは、医療業界で働き、医療機器や医薬品が規制要件と安全基準を満たしていることを確認していきます。

生体力学エンジニア--人体と連動する医療機器や技術の設計や開発に携わります。

イギリスの医用生体工学エンジニアのエンプロイアビリティ(雇用の可能性)は一般的に良好です。高等教育統計局(HESA)によると、イギリスの医用生体工学コース卒業生の94%が卒業後6ヶ月で就職または進学しています。

医用生体工学を学んだ卒業生の収入

最新のProspectsによるデータではイギリスの医用生体工学エンジニア卒業生の初任給は通常、年間22,000ポンドから28,000ポンドとなっています。またこの分野で経験豊かな専門家の場合、専門知識のレベル、経験年数、職務上の責任に応じて、収入はかなり変わってきます。英国工学技術学会 (IET)のデータによると、イギリスの医用生体工学エンジニアの平均年収は47,500ポンドです。

医用生体工学を学べるイギリストップ大学

医用 生体 工学 大学:イギリスで最も優れた医用生体工学の学位について詳しく知りたい方は、下記のCUG 2024による優れた医療技術および生体工学大学10校の一覧をご覧下さい。

  1. インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)
  2. ユニバーシティ カレッジ ロンドン(University College London, UCL)
  3. ストラスクライド大学(University of Strathclyde)
  4. グラスゴー・カレドニアン大学(Glasgow Caledonian University)
  5. ラフバラー大学(Loughborough University)
  6. キール大学 (Keele University)
  7. カーディフ大学 (Cardiff University)
  8. リバプール大学(University of Liverpool)
  9. バンガー大学(Bangor University)
  10. シェフィールド 大学(University of Sheffield)
医用生体工学コースへの出願

SI-UKはイギリス大学医用生体工学コースへの出願をサポート致します。先ずはSI-UK東京・大阪にお問い合わせの上、 初回無料コンサルティング をご予約ください。

イギリスで医用生体工学を学ぶ

イギリス大学の医用生体工学コースにご興味をお持ちの方は、お気軽にSI-UKにお問い合わせの上、初回無料コンサルティングをご予約ください。スタンダード出願サービスは、出願校を熟知した留学コンサルタントの手厚いサポートと合格保証付きで一番人気の高いサポートです。

FAQ よくある質問

医用生体工学は豊かなキャリアの選択肢を持つ分野です。この分野は雇用の大幅な向上と安定があり、医療の分野を向上させ、革新的でクリエイティブのプロジェクトに参加しながら、水準以上の収入による恩恵を受けることが可能であり、この分野でしっかり知識とスキルを身に付けた人がこの分野を離れる事はほとんどありません。

医療 生体 工学は、医療に関連する幅広い課題を取り扱っています。例えば新しい医療機器の開発、既にある医療機器の改良、新しい薬や治療法の開発、そして医療システムの問題も解決しています。

医用生体工学のエンジニアになるには学士号を取得し、修士号も検討する必要があります。またワークプレイスメントやインターンシップで実務経験を積むのもお勧めです。

医用 生体 工学 就職 先:医用生体工学のエンジニアを採用する企業には、医療機器メーカー、製薬外車、バイオテックのスタートアップ企業、研究機関、病院の医療供給者、そして政府機関などがあります。

医用生体工学は、電気、機械、そして化学工学のような伝統的な工学分野とコンピュータ科学、生物学、医学などの原則を統合した工学の専門的な分野と考えられています。したがって医用生体工学は医学、またヘルスケアの問題を解決するために工学の原理を応用する正当な工学分野です。

医用生体工学は、様々な専門分野を含んでいる多様性のある分野であり、一人ひとりにとって最適な分野は個人の興味やキャリア目標によって異なります。医用生体工学の一般的な分野には、医療機器の医療機器設計、生体材料、生体力学、神経工学、そしてバイオインフォマティクスが含まれています。

イギリス留学で学べる科目

イギリス留学関連イベント / セミナー情報

もっと読む

イギリス留学

breckett-front   ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願時にSI-UKのチームからいただいたアドバイスやサポートに心から感謝しています!多くの質問に丁寧に答えてもらい安心しました。また、出願後のステータスアップデートも頻繁にしてもらえました。私はスタンダード・サービスを利用しました。お勧めします!  breckett-front

中田まる子さん ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) 経済学修士課程

  • university-college-london
  • manchester
  • University of Birmingham
  • University of Leeds
  • sheffield
  • southampton
  • manchester
  • exeter
  • cardiff
  • warwick
  • loughborough
  • University for the Creative Arts
  • edinburgh
  • bristol
  • lancaster
  • durham
  • bath
  • york
  • st-andrews
  • sussex
  • nottingham
  • aberdeen
  • BIMM Institute