お知らせ:イギリス留学・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

イギリス留学と新型covid19感染症の影響

留学生とご家族の方々へ大切なお知らせ

イギリス留学 covid19:新型コロナウイルス感染症

留学生とご家族の方々へ、コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する大切なお知らせ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は、イギリスの教育機関にも、日々変化する状況をもたらしています。SI-UKは、現地の状況とイギリス政府のアドバイス、そして世界のSI-UKオフィスを注意深く見守りながら、皆様に最新情報をお伝えいたします。

SI-UKにとって最も重要な事は、留学生の方とご家族の皆様、またスタッフの健康です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が拡大している状況の中、SI-UKをご利用される皆様でアドバイスやサポートが必要な方は、以下の最新情報をお読みください。

世界情勢は明らかに急速に変化しており、私たちはイギリスの公衆衛生局、外務省、および世界保健機関から発信される新着情報を注意深く収集することに努めております。

5月31日 (予定)迄、SI-UKはリモートワークを実施し、皆様にオンラインにてサービスをご提供しております。(5月1日現在)

新型コロナウイルス感染について依然、厳しい状況にあるとして緊急事態宣言の延長を見込まれております。SI-UKでは、弊社のサービスをご利用してくださる皆様と、スタッフの健康と安全確保が第一と考え、4月8日(水)から5月31日(予定)迄の期間、オフィス営業を停止し、リモートワークを実施することを決定いたしました。リモートワーク期間中は皆様にオンラインにてサービスをご提供致します。

現在、6月2日(火)にオフィスを再オープンする考えではございますが、最新状況につきましては随時、皆様にご案内いたします。リモートワーク期間もオンラインにてSI-UKの留学サービスの営業は、ほぼ通常通り行っております。この期間中は下記のEメールアドレスよりお問い合わせをお願い致します。

オンラインでの営業時間

リモートワークでの営業時間は水曜日(水曜日のみ、9:30am-18:30pm)を除き、通常通り営業しております。オンラインでのご相談も通常のコンサルティングと同様に、経験豊富な弊社のコンサルタントによる質の高いサポートとアドバイスをご提供させて戴きます。

イギリス留学 コロナウイルスに関するオンラインでのご相談

現在、SI-UKでご利用いただいているサービスや、お申し込みについて弊社のコンサルタントにご相談されたい場合、または新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とイギリスへの留学に関する影響につきましてご不明な点、またはご質問がございましたら、ロンドンを拠点とするSI-UK国際チームとのSkypeでの個人相談を実施しておりますので、お問い合わせください。またはイギリスのSI-UK ロンドンオフィスまでご連絡をお待ちしております。

SI-UK ロンドンオフィス: + 44 (イギリスの国番号) 20-7287-7040 info@studyin-uk.com

留学をご予定されている皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご了承を賜りますようお願い申し上げます。上記に関しましてご不明な点がございましたら、東京、大阪のSI-UKまでお問い合わせください。またイギリス留学とコロナウィルスについて、詳しくはこちらのニュース記事、そしてスタディガイドもご覧ください。

イギリス大学の状況について

現在、イギリスの大学連盟から正式な発表があり、“新型コロナウイルスによる今年9月のコースへの変更はなく、予定通りにコースを開講する予定である”との事でした。イギリス留学をご予定されている皆様は引き続き出願等の手続きをお進めください。

また多くのイギリス大学が、9月からできる限り通常の状況での学習が続けられるよう、さまざまな方法を検討中です。これには以下が含まれています。

  • プリセッショナル・コース(英語準備コース)提供へのアクセス方法の拡張
  • 9月から参加できない学生のために一体化した学習オプションの検討
  • いくつかの主要科目を1月始まりにするなど

教育支援部門

教育省は、教育関連の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する質問に答えるヘルプラインを立ち上げました。職員や保護者、学生は以下の方法でヘルプラインに連絡することができます。

  • 電話:+ 44 (イギリスの国番号) 800 046 8687
  • Eメール:DfE.coronavirushelpline@education.gov.uk
  • 営業時間:月曜日から金曜日の午前8時~午後6時(UK時間)

イギリス留学 covid19:日本人の留学生の方に向けた在留アドバイス

イギリス留学 coronavius:日本への入国

4月3日午前0時以降に英国から日本へ入国される方(日本国籍者も含む)は、新たな措置が発表されています。アイルランド、英国から日本に入国する方すべての方について,健康状態に問題がない方も含めて以下の措置などが取られます。

  • 日本に入国した場合、空港の検疫所にて、質問票の記入、体温の測定、症状の確認などが求められ、全員にPCR検査が実施されます。検疫所長が指定した場所で、結果が判明するまでの間待機することとなります。
  • 検査結果が陽性の場合、医療機関に隔離(入院)され、陰性の場合も入国から14日間検疫所長の指定する自宅などの場所で待機しなければなりません。
  • また空港などからの公共交通機関の利用ができなくなり、ご家族等による送迎でのお帰りとなります。

日本へ入国される方は上記などの措置が取られますが、PCR検査の対象となる方が急増している事で、到着から入国まで数時間、結果判明まで1~2日程度、空港などで待機いただく状況が続いているとのことです。そのほかの注意点、更なる措置や、措置の延長等も考えられますので、在英国日本国大使館(外部ページ)などの最新情報を随時ご確認ください。

イギリス留学 coronavius:イギリスへの渡航

外務省、海外安全ホームページによると現在、英国及びアイルランド全土への渡航は、レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)に引き上げられています。イギリスへの渡航情報は、外務省、海外安全ホームページ(外部サイト)などで、最新情報を随時ご確認ください。(2020年5月1日現在)

イギリス留学 covid19:自宅待機ガイドライン

英国政府は、高熱や咳が止まらないなどの症状のある場合に7日間の自宅待機等を求めるガイドラインを導入しています。イギリス留学でコロナウイルスに感染したと考えられる場合、留学生も同様の取扱いと考えられるので概要をお伝えいたします。

  • 発熱,または継続的な咳などの疑わしい症状がある場合、病院,薬局等に行かずに、自己隔離(Self-isolation)をした上で,NHSのオンライン症状チェッカー(https://111.nhs.uk/covid-19/)で、どうするべきか対応をご確認ください。
  •  その結果により、救急車要請、NHS 111への電話相談、7日間の自己隔離等が推奨されています。
  • 軽い症状が見られる場合は、発症から7日間の自己隔離の上で十分な水分をとりパラセタモールを摂取すること等が推奨されています。
  • 症状のある人と同じ家に住む人(発症者の家族や、ハウスメイトなど)は、症状のある人が発症した日から14日間の自宅隔離が必要です。

また3月28日より、NHSによるテキスト・サービスが新たに開始。上記の症状チェッカー利用時に、携帯電話番号を登録すると、情報へのリンクや体調確認のテキスト・メッセージを毎日受け取ることが可能です。

上記の情報の更新日:  2020年5月1日

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学