サセックス大学

ランキング 44
ロケーションBrighton, England
創立1961
有名な専攻分野 開発学・メディア&フィルム・美術
外国人学生向け費用£16,750-19,200
概要
ロケーション Brighton, England
創立 1961
有名な専攻分野 開発学・メディア&フィルム・美術
外国人学生向け費用 £16,750-19,200

サセックス大学の紹介

サセックス大学は1961年にイングランド南岸のブライトンに創立されました。現在は120ヶ国以上から13,000人ほどの学生が学び、International Student Barometerにて継続的に高い評価を得ています。学生サポートや学位コースの一環として有償の就業体験を行うことができます。

サセックス大学クリアリング制度

サセックス大学ではクリアリング制度を通して9月入学希望の学生の最終募集中です。

クリアリングで募集している学士コース詳細は随時こちらに更新されます。

サセックス大学は就業力で、イギリス国内第4位にランクインしました。卒業生の96%が卒業後6ヶ月以内に就職や進学をしています。最新のNational Student Surveyでは87%の学生が満足していると回答し、92%の学生が、教授やスタッフの説明が分かりやすいと評価しました。

リサーチはサセックス大学の主な強みであり、ノーベル賞授賞者を輩出しており教授には王立協会や英国学士院のフェローもいます。最近では1億万ポンドの投資が学生の増加に伴いメインキャンパス増設への1億万ポンドが投資され、意識科学学科や中東研究学科が開設され大学リサーチがさらに強まりました。サセックス大学はリサーチの影響力でイギリス国内4位にランクインしています。

留学生へのサポート

入学の決まった留学生には、出発前の有益なアドバイスが満載されたハンドブックを送付しています。ロンドンのヒースロー空港での無料出迎えサービスの他にも、他の学生と知り合うためのイベントや、講演、ワークショップなど、新入生向けの各種イベントが学年の初めに開催されます。英語のレベルが入学条件に達していない留学生に向けては、最長10週間までのプリセッショナル英語コースが用意されています。留学オフィス では学位課程の学生向けに、ノートの取り方、アカデミックライティング、参考文献の使い方や、一般英語コース、集中英語コースなど、学業面でのサポートを無料で行っています。

ランキング

  • Times University Guide 2021年 44位
  • Guardian University Guide 2021年 59位
  • QS World University Ranking 2021年 160位
  • Times Higher Education World University Rankings 2021年 160位

2014年Reserch Excellence Framework Guideにおいて、サセックス大学の研究のうち75%が「世界を率先する」「国際的に優れている」という上位1位、2位の評価を得ました。歴史学、英語学、地理学、心理学の研究は特に最良の結果をだしています。

サセックス大学は世界の大学ランキングで上位にランク付けされ、教育の質を審査するTeaching Excellence Framework (TEF) で銀賞を受賞しました。この大学はあらゆるバックグラウンドの学生がコースを修了し、高度なスキルを身につけ、就職、またはさらなる進学をしている率がとても高いことが評価されました。また前回の全国学生調査(NSS)に続いて82%の学生満足度を獲得しています。

滞在方法

サセックス大学はすべての留学生に対して、学位課程の最初の1年間、大学が管理するアコモデーションへの入居を保証しています。現在、5,500の部屋が用意されており、そのほとんどは学内に位置しますが、一部のスチューデントハウスはブライトン市内にあります。アコモデーションはすべてが自炊式で、ほとんどがバス・トイレ付きとなっています。また、相部屋を選ぶこともできます。学外のアコモデーションとキャンパスの間は、定期的に運行されているバスで結ばれています。学生自治会もまた、市内で民間の賃貸アパート等を借りたい学生の手助けを行っています。

ロケーション

旅行ガイドブックの 「ロンリー・プラネット」に「イングランドの宝石の一つ」と形容されているブライトンは、フレンドリーでリラックスした雰囲気をもちながらも活気に溢れた国際都市です。海辺の街としては英国で一、二を争う人気で、賑やかなナイトライフと社交的な街の様子から「海辺のロンドン」として知られています。また、歴史的に芸術と深い関連があるため、街には多くのギャラリーや劇場、映画館があります。住民1人あたりのレストランの軒数では、ロンドンを除けば国内一となっています。毎年、市の主催で開かれるイングランド最大の芸術祭、ブライトン・フェスティバルでは、映画、演劇、ダンス、コメディ、文学、音楽、ストーリートパフォーマンスやアートを一度に楽しむことができます。

卒業生

  • Ian McEwan(作家)
  • Frankie Boyle(コメディアン)
  • Rebeca Grysnspan(国連の事務次長)
  • Ian Cullimore(コンピューター科学者)
  • A.C.Grayling(哲学者)

他の大手留学エージェンシーも利用しましたが、私はSI-UKのほうがサポートが厚く、先生方も良い方たちばかりで、値段もリーズナブルだと思います。他社に比べて商業的ではないので、SI-UKのサービスを知らずに留学準備を進める方もいるだろうと思うととても残念に思います。SI-UKをより多くの人に知ってもらいたいです!

中元 明里さん エクセター大学 MBA

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学
  • バーミンガム大学