16th-banner-Internal-Mobile-480X164 16th-banner-Internal-Tablet-768X181
jp-fair202403-470x160.webp

イギリスの修士課程

修士号とは?

イギリスの大学院または修士課程へは、学士号を取得した後に進学することが出来ます。イギリスの修士課程は通常1年で、世界の他の地域では2年です。つまり、留学生は高い評価を得ているイギリスの大学院で学位を取得することで、時間と費用を節約し、より早くキャリアをスタートさせることができるのです。

なぜイギリスで修士課程を学ぶのか?

イギリスには世界有数の大学があり、その教育と研究の質の高さで知られています。イギリスの大学院の学位は雇用主から高い評価を得ており、留学生にとってイギリスの大学で学ぶことは、英語を上達させ、多文化で刺激的な学者や学生のコミュニティに身を置く素晴らしい機会です。

高等教育統計庁が実施した調査によると、イギリスの大学院修士課程を修了した学生の86%が卒業後にフルタイムの仕事に就いていたのに対し、学部卒の学生は75%に過ぎなかったという調査結果があります。

イギリスの修士課程

SI-UKは、イギリス大学院留学の出願をお手伝い致します。
オンラインまたは東京・大阪オフィスにて無料コンサルティングをご予約ください。

イギリスで取得できる修士号の種類

- Taught Masters(コースモジュールベースの修士)

Taught Mastersは主に4つの種類があります。

- Research Masters(研究ベースの修士)

研究学位は、教員の監督を受けながら、論文を中心に研究を進め、自分の研究やスケジュールにより責任を持つことになります。最も人気のある研究学位は博士号で、修了までに3~4年かかり、6万~10万語の論文を執筆し、口頭試験で発表することになります。その他の研究学位には、哲学修士号(MPhil)研究修士号(MRes)があります。これらの学位は博士号と似ていますが、学問的な要求はそれほど高くなく、論文もより短いものです。

修士課程の期間

修士課程は通常1年以内に修了します。プログラムでは、学部生と同じように毎週セミナー、チュートリアル、講義に出席し、評価は試験、論文、プロジェクトによって行われます。

入学条件

大学院(修士課程)へ進学するには 学部を修了している必要があります。一部の修士課程では、学部で取得した学位が関連する学問分野であることが望ましいとされていますが、必ずしもそうとは限りません。一般的にイギリスの大学では、学部での成績が60%以上であることが求められますが、大学によってはそれ以下の成績でも認められる場合や、例外的に認められる場合もあります。MBAなどの修士課程では、実務経験が必要な場合もあります。

出願方法

出願するためにいくつか補足資料を準備する必要があります。志望動機書には、これまでのあなたの学業や職業経験についての情報、修士プログラムを勉強したい理由、将来の計画とどのようにプログラムが役に立つのかなど記入する必要があります。また、通常、1通以上の推薦状を提出する必要があります。経験豊富な留学カウンセラーが、ビザ申請を含むすべての手続きについてご案内します。

修士課程の学費

留学生がイギリスの大学院や修士課程にかかる費用は、大学によって大きく異なり、12,000ポンドから30,000ポンド以上と幅があります。平均的な費用は、約18,000ポンドです。大学院レベルの授業料は、希望する修士課程の種類、イギリス国内の場所、どの大学に通うかによって大きく異なります。

イギリスの大学院はアメリカの大学院よりもはるかに安価で、イギリス留学はアメリカの同等校よりも30~60%安くなることもあります。

QS世界大学ランキング2022によるイギリスの修士課程に最適な大学は以下の通りです:

  1. University of Oxford(オックスフォード大学)
  2. University of Cambridge(ケンブリッジ大学)
  3. Imperial College London(インペリアル・カレッジ・ロンドン)
  4. University College London (ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、UCL)
  5. University of Edinburgh(エジンバラ大学)
  6. University of Manchester(マンチェスター大学)
  7. King's College London(キングス・カレッジ・ロンドン)
  8. London School of Economics and Political Science (ロンドンスクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカルサイエンス、LSE)
  9. University of Warwick(ウォーリック大学)
  10. University of Bristol(ブリストル大学)

自分にとって最適な大学を見つけるために、学びたい専攻科目からもおすすめの大学を調べてみましょう。

イギリスの修士課程

SI-UKは、イギリス大学院留学の出願をお手伝い致します。
オンラインまたは東京・大阪オフィスにて無料コンサルティングをご予約ください。

FAQ よくある質問

はい。Graduateビザルートでは、留学生がイギリスの大学で修士課程を修了した後、2年間は就労または求職することができます。

各大学によって入学条件は異なります。しかし、最低限必要なのは、認定された大学の優等学位、英語力の証明、自己紹介文の3つです。

多くの国で修士課程が2年であるのに対し、イギリスの大学院は通常1年です。1年間の大学院課程は、時間と費用を節約し、より早くキャリアをスタートさせることができます。

イギリスの大学院の成績評価システムは、4つのマーク分類があります。50%以上のスコアを獲得すれば合格とみなされます。 • Distinction: 70% or above • Merit: 60-69% • Pass: 50-59% • Borderline pass/Fail: 40-49% • Distinction: 70%以上 • Merit:60~69%。 • 合格:50~59% • 合格・不合格のボーダーライン:40~49%

イギリス留学の選択肢

イギリス留学関連イベント / セミナー情報

もっと読む

イギリス留学

breckett-front   ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願時にSI-UKのチームからいただいたアドバイスやサポートに心から感謝しています!多くの質問に丁寧に答えてもらい安心しました。また、出願後のステータスアップデートも頻繁にしてもらえました。私はスタンダード・サービスを利用しました。お勧めします!  breckett-front

中田まる子さん ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) 経済学修士課程

  • university-college-london
  • manchester
  • University of Birmingham
  • University of Leeds
  • sheffield
  • southampton
  • manchester
  • exeter
  • cardiff
  • warwick
  • loughborough
  • University for the Creative Arts
  • edinburgh
  • bristol
  • lancaster
  • durham
  • bath
  • york
  • st-andrews
  • sussex
  • nottingham
  • aberdeen
  • BIMM Institute