イギリス大学 大学院

イギリス大学院留学(修士課程)

イギリス大学院留学のコース、奨学金、出願方法などのご案内。

イギリス大学院留学(修士課程)

イギリスの大学院留学は、学士号を取得していることが条件となっており、アメリカなどの他の国とは違い、通常1年間で修士号を取得することが可能です。非常に高く評価されているイギリスの修士号を取得するとともに、学費やキャリアブランクを最小限に留めることができます。

イギリスで修士号を取得するメリット

イギリスには、世界でも名高い大学が多数あり、教育や研究の質が非常に高く評価されています。イギリス大学院の修士号は就職時にも大変に有利な資格です。また、国際色豊かなコミュニティで英語力を伸ばす機会ともなります。

  • より専門性の高い学位でキャリアアップが見込める。
  • 国際的に認められる学位を取得することができる。
  • 修士号取得者の多くが高年収を得ている。
  • スケジュールに合わせて学ぶことができる。

高等教育調査機関2013/4年度の研究によると、学士号取得者の75%に対し、修士号取得者86%以上が正社員として雇用されています。

イギリス大学院の学位の種類

講義主体の大学院修士号

Taught修士号には主に4種類の学位があります。文学系:Master of Arts (MA)、理学系:Master or Science (MSc)は、MBA:Master of Business Administration、工学系:Master of Engineering (MEng)です。これらの修士号には1年間コースのものと2年間コースのものがあります。

Taught修士号では、講義、チュートリアル、セミナーに出席し、評価は試験と修士論文、または、プロジェクトにより行われます。

研究主体の大学院修士号

Research修士号は、講義主体の修士号とは異なり、各自の研究とスケジュールにおける責任を任されます。研究が主体となり、チューターとなるアカデミックスタッフの指導の下で研究を進めていきます。研究主体の修士号で最も知られているのはPhDと呼ばれる博士号です。博士号は3年から4年の研究期間が設けられ、6万から10万ワードの論文を書き上げ、最終的に口頭発表を行います。

この他にも、Master of Science(MSc)の理学系修士号、Master of Philosophy(MPhil)の哲学系修士号などがあります。これらは博士号に似ているのですが、博士号より短い論文である研究型修士号です。詳しくはSI-UKまでお問い合わせください。

イギリス大学院留学の費用

イギリス大学院の費用は、平均して12万4000ポンドです。学費はコースによって大幅に異なります、特にMBAの費用は通常の修士号よりも大学により高い場合があります。また、生活費もイギリス内の地域により高い低いがありますので、SI-UKにて予算をご相談の上、留学オプションをご検討いたします。

イギリス大学院は、アメリカよりも学費が安く設定されています。コースや学部により異なりますが、30%から60%アメリカの同等コースよりも安いと言われています。

SI-UK大学院出願サポート

イギリス大学院留学にご興味の方、出願をご希望の方は、SI-UK無料コンサルタントをご予約ください。

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool