オックスフォード大学
University of Oxford

ランキング

オックスフォード大学 Ranking

2

立地

オックスフォード大学 Location

南部

オックスフォード大学

Rank

Img

212

location

Img

Northern England

ADD TO FAVOURITES

概要
ロケーション Oxford, England
創立 1096
有名な専攻分野 ビジネス・芸術・政治学
外国人学生向け費用 £13,000-13,500
概要
ロケーション Oxford, England
創立 1096
有名な専攻分野 ビジネス・芸術・政治学
外国人学生向け費用 £13,000-13,500

オックスフォード大学の紹介

オックスフォード大学は、英語圏で最も歴史の長い大学であり、世界一流の学術機関の一つとみなされています。オックスフォード大学は、38の独立したカレッジとパーマネント・プライベート・ホールと呼ばれる6つのキリスト系カレッジで構成されています。 現在、138カ国からの留学生が様々な学科の勉強・研究に取り組んでおり、フルタイムの学部生の14%、フルタイムの大学院生の63%、全体では約3分の1が留学生となっています。オックスフォード大学は、研究主導の英国の大学で構成されるラッセルグループ、ヨーロッパの一流大学のネットワークであるコインブラグループ、ヨーロッパ研究大学連盟に加盟しており、Europaeum(エウロピウム)の中心メンバーでもあります。学術面では、常に世界の大学の上位10位内にランクされています。オックスフォード独自の特徴としては、学部生が自分の専攻分野で定評のある専門家から毎週1時間、1対1で指導を受けるチュートリアル(個人指導)が知られています。また学内には、大英図書館に次いで英国で2番目に大きなボドリアン図書館もあります。さらに、サイード・ビジネス・スクールは英国の一流ビジネススクールの一つとみなされており、MBAのランクは高く、ロンドンの他のビジネススクールと同じか、それ以上の高い評判を得ています。サイードの学生は全員、オックスフォード大学のカレッジのいずれかに正式に配属されます。

留学生へのサポート

留学生オフィス が、出願者と学生の両方に多様なサービスを提供しています。留学生には、オックスフォード大学での勉強・研究についての一般的な問い合わせから、ビザや移民、英国での生活に至るまで、ありとあらゆることに関するアドバイスをしています。また、海外で行われる面接や、学年の初めに実施される留学生向けオリエンテーションプログラムも同オフィスが担当します。また、オックスフォード・ランゲージ・センター では、留学生を対象に学科に特化 した英語のサポートを提供しています。個人的なサポートは、カレッジの管理部が提供しています。

ランキング

オックスフォード大学は世界トップの大学の一つとみなされており、英国の高等教育情報誌「Times Higher Education (タイムズ・ハイアー・エデュケーション)」による世界ランキングでは、エリートの「スーパーブランド」大学6校に選ばれています。現在、Times Higher Educationのランキングで世界第2位に、Academic Ranking of World Universities(世界大学学術ランキング)で世界第10位に、QS世界大学ランキングで第6位にランクされています。国内では、オックスフォード大学は常にケンブリッジ大学と競合しており、大学ランキングではどちらかが1位または2位、もしくは同位となっています。現在は、3つの主要なリーグテーブルのすべてにおいて第2位にランクされています。また、2008年のResearch Assessment Exercise*では、提出した研究件数は最多で、そのうちの70%が「世界トップレベル」または「国際的に優れている」とみなされました。

* Research Assessment Exercise(研究評価):イングランド高等教育資金配分機構等(HEFCs)が大学の研究活動公金の配分を決めるために行う評価

滞在方法

通常、海外からの大学院生には1年目はカレッジのアコモデーションを提供されますが、学部生は学位課程中ずっとカレッジのアコモデーションに滞在することができます。オックスフォード大学は、38のカレッジと、キリスト教系のカレッジであるパーマネント・プライベート・ホール(PPH)で構成され、これらはすべて自治権を持ち独立して運営されています。これらのカレッジは、ホール(学生寮)としての役割を果たすだけでなく、学部生の指導にも大きな責任を負っています。アコモデーションは各カレッジによって大きく異なりますが、すべて学内の主要な建物の近くにあります。カレッジは通常、食堂、チャペル、図書館、カレッジバー、シニア用、ミドル(大学院生)/ジュニア用のコモンルーム、200人から400人の学部生向けの部屋、カレッジ長やその他の個別指導教員の部屋で構成されています。カレッジの建物は、中世の建物からとてもモダンな建物まで様々なものがありますが、そのほとんどは中庭でつながっています。

ロケーション

オックスフォード市は、ロンドンから電車で およそ90分のイングランド南東部に位置します。人口は150,000人です。オックスフォード市には、18世紀半ばに建築されたオックスフォード大学の図書館の一部である ラドクリフ・カメラなど、サクソン人がグレートブリテン島に 侵入して以来のイングランドのあらゆる時代の建築様式の建物があります。オックスフォード市はまた、「夢見る尖塔の街」とも呼ばれています。これは、詩人のマシュー・アーノルドが、オックスフォード大学を構成する建築物が建築としての調和を実現していることを指して言った言葉です。オックスフォード市は学生の街であり、実際そのほとんどを大学が所有しているため、ほぼすべてのエリアで学生は通常より安い価格で買い物や食事などができます。

オックスフォード大学についてのSI-UKブログの投稿

イギリス留学体験談 Vol.13 オックスフォード大学 DPhil in Social and Cultural Anthropology

SI-UKを通しイギリス留学を実現された方に、イギリス留学についてお話を伺っています。 今回は、オックスフォード大学大学院の博士課程で、文化人類学を学ぶR.Mさんにインタビューをしました。留学までの道のり、英語学習法、オックスフォード大学の事、アコモデーションなど様々なことについて語っていただきました。…続きを読む

アメリカ、イギリス、スコットランドの大学システムの違い

多くの学生にとって、世界のトップ大学を多く抱えるアメリカとイギリスどちらへ留学するかを選択するのは難しいことです。今回、スコットランドのセントアンドリューズ大学 Admissions…続きを読む

大学との面接にどう備えるか

イギリスの大学の担当官を目の前に面接を行うことは、出願の際にあなたが最も心配することかもしれません。しかし、通常は出願者への面接は一般的ではなく、ほとんどの大学は志望動機書や成績表、試験の結果などで合否を判断します。オックスフォード大学やケンブリッジ大学は例外で、学部課程への出願者全員にインタビューを行っています。しかし、もし面接があったとしてもみなさんはそれを恐れるべきではありません。学生は大学に直接質問ができる良い機会ですし、大学側にとっても文面や成績だけでは判断できない学生の素質を見抜くことが出来ます。…続きを読む

イギリス大学ランキング2014年度版から上位10校をご紹介

イギリスの大学ランキングは様々な調査機関から出ています。その中でも最も有名なタイムズ社から、Good University…続きを読む

日本人留学生の声 第九弾:オックスフォード大学その3~オックスフォードでの勉強~

昨年10月よりオックスフォード大学・大学院の現代日本研究の修士課程に在籍されている日本人留学生A.Kさんから、オックスフォードでの大学生活について、ブログ記事を寄稿していただきました!…続きを読む

この学校で勉強してみませんか?

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings