インペリアル・カレッジ・ロンドン
Imperial College London

ランキング

インペリアル・カレッジ・ロンドン Ranking

5

立地

インペリアル・カレッジ・ロンドン Location

ロンドン

インペリアル・カレッジ・ロンドン

ランキング

University Ranking

5

立地

Img

ロンドン

お気に入りに追加

概要
ロケーション London, England
創立 1907
有名な専攻分野 電子工学・電気工学・材料工学
外国人学生向け費用 £12,090-13,000
Side Banner JP
概要
ロケーション London, England
創立 1907
有名な専攻分野

電子工学・電気工学・材料工学

外国人学生向け費用 £12,090-13,000

インペリアル・カレッジ・ロンドンの紹介

ロンドンにあるインペリアル・カレッジ・ロンドン(正式名称はThe Imperial College of Science, Technology and Medicine )は、世界大学ランキングで常に上位にランクされており、オクスフォード大学、ケンブリッジ大学を含むエリート大学6校で構成される「ゴールデントライアングル」のうちの1校です。科学、工学、医学の分野では以前から有名ですが、最近は、Imperial College Business School と人文科学も高く評価されています。

一流大学で構成されるラッセルグループの一員であるインペリアル・カレッジ・ロンドンは、最新のTimes Good University Guide(タイムズ紙が選ぶ優良大学ガイド)で英国の大学の第4位にランクされています。現在、世界のワールドランキング(QS World Ranking)で、2位と評価されています。革新的な学業、最先端のリサーチは、インペリアル大学の誇りであり、14人のノーベル賞受賞者を輩出しており、医療科学部からは、81人が過去多様な賞を受賞しています。

インペリアル・カレッジのメインキャンパスは、ロンドン中心部のサウスケンジントンにあります。以前はロンドン大学の構成カレッジでしたが、設立100周年にあたる2007年の7月8日にロンドン大学から独立しました。今年度で創立100年の記念日となります。

留学生へのサポート

留学生オフィス は、特に英国の学生ビザや、留学中や留学を終えた後に英国で仕事に就く際の規則を中心に、インペリアルの留学生に移民関係のアドバイスを行っており、各種ウェルカムイベントやオリエンテーションの他に、到着前の留学生とのコミュニケーションや情報の提供も行っています。

1年を通して、英国各地のさまざまな有名観光地に行くツアーが多数実施されています。また、インペリアルではホームステイ先を紹介してくれる外部団体と提携しています。

ランキング

  • Times University Guide 2016年度 3位
  • Gurdian University Guide 2016年度 8位
  • Complete University Guide 2016年度 4位
  • QS World Universtiy Ranking 2016年度 8位 (世界大学学術ランキング、世界8位)

 

インペリアル・カレッジは常に世界トップレベルの大学として上位にランクされており、ほとんどの世界ランキングで上位10位以内に入っています。2014年のAcademic Ranking of World Universities(世界大学学術ランキング )では総合ランキングとして世界第22位にランクされました。

Imperial College Business School は、2014年のComplete University Guide Subject Tables(コンプリート大学ガイド・学科テーブル)のBusiness Studies(経営学)部門において国内第4位にランクされました。また、フィナンシャル・タイムズ紙は、2013年、MSc Management Program (MScマネジメントプログラム)を国内第1位、世界第12位に選びました。2014年のファイナンシャル・タイムズ紙でのMBA評価は、国内第8位、ヨーロッパ内第15位、世界第49位と評価されてました。

他の科目の国内ランキングは、医学3位、エンジニア2位、科学3位、物理学3位です。

 

滞在方法

インペリアル・カレッジ・ロンドンは現在、20カ所にホール(学生寮)を所有しており、そのほとんどがロンドンのサウスケンジントン地区とチェルシー地区にあります。これらのホールは、カレッジでのアコモデーションが保証されている大学の1年生に優先的に提供されます。大学の2年生以上と大学院生の大多数は民間の居住施設に移りますが、その際にはインペリアル・カレッジのプライベート・ハウジング・オフィス が引っ越し先を見つける手助けをしてくれます。

ロケーション

インペリアル・カレッジは、ロンドンおよびサウス・イーストに多くのキャンパスをもっています。各キャンパスには公共の交通機関を利用して簡単にアクセスすることができ、とても便利です 。メインのキャンパスはロンドンのサウスケンジントンにあり、ロイヤル・アルバート・ホールや、ロンドン自然史博物館、ロンドン科学博物館がすぐ近くにあります。

また、英国内の3つの主要空港(ヒースロー、ガトウィック、スタンステッド)には、空港と市内を結ぶ電車やバスを使って容易にアクセスできます。

卒業生

  • Alexander Fleming アレクサンダー フレミング (細胞学者、ノーベル生理学、医学賞受賞者)
  • Thomas Huxley トマス ハクスリー (生物学者)
  • H.G Wells ハーバード ジョージ ウェルス (有名著者ー宇宙戦争、タイムマシンなど)
  • Brian May ブライアン メイ (ロックバンド、クイーンのギターリスト)

インペリアル・カレッジ・ロンドンについてのSI-UKブログの投稿

ロンドンでMBAを取得すべき4つの理由

何を専攻しようとする方でも、ロンドンは魅力的な場所です。文化の多様性やヨーロッパのシティライフを味わうことができるので、外国人留学生を魅了して止みません。…続きを読む

タイムズ・ハイヤー・エデュケーションは国際色豊かな大学トップ100を発表致しました。

タイムズ・ハイヤーエデュケーションは国際色豊かな大学トップ100を発表し、インペリアル・カレッジ・ロンドンを初めとする39のイギリスの大学がランクインしました。…続きを読む

グローバル就職率ランキング発表!イギリスの大学トップ5は?

大学のグローバル就職ランキング2015が発表され、世界トップ150に12のイギリスの大学が入りました。 ランキングはフランスの人材コンサルティング会社「Emerging」にて立案・計画されて、ドイツのマーケットリサーチ会社である「Trendence」により施行されました。アメリカの大学はトップ10に7つの大学が入り、トップ150には39校が入りました。イギリスからはトップ15にインペリアル・カレッジ・ロンドン、オックスフォード、ケンブリッジ大学の伝統有力校が名を連ねています。…続きを読む

研究卓越性枠組みがなぜ留学生にとって重要なのか

研究卓越性枠組みとは、大学によるアカデミックの研究の質を測ることで、その結果により研究に対してどのくらい資金を与えるかを決めることです。約20億ポンドが資金として準備され、評価の良し悪しが将来の鍵となる部門にとって重要となってくる場合もあります。…続きを読む

QS World Universities Rankings 2012/2013

世界の大学を網羅した大学ランキングで定評のあるQS社が、QS World Universities Rankingsの最新2012/2013版を発表しました。イギリスからは、ケンブリッジ大学以下、UCL、オックスフォード、インペリアル・カレッジ・ロンドンの計4大学が、世界ランクトップ10に入りました。QSランキングは、学術界・産業界の双方からの評価に基づいています。…続きを読む

この学校で勉強してみませんか?

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool