イギリスで学ぶ開発学  | 留学エージェントのSI-UK

開発学(Development Studies)

イギリスで学ぶ開発学 (Development Studies)

開発学の学問領域は、非常に多岐にわたります。発展途上国に関する様々な問題を扱い、社会発展・経済発展を中心に扱うコースのほか、平和学や紛争解決を扱うコースなど、各大学・コースによっても特色があります。多くのイギリスの大学・カレッジでは、開発学、平和学、紛争解決学、あるいは関連したコースが開講されています。

開発学・国際開発学とは

開発学には人類学、グローバリゼーション、経済学、環境学、国際開発学などが含まれ、平和学や紛争解決学には、国際政治、軍備管理や軍備増強、人権、地球環境政治、民主主義制、宗教、政治などが含まれます。

イギリスで開発学を専攻するための入学条件

  • 国際バカロレア:34ポイント
  • Aレベル:AAB
  • IELTSスコア:オーバーオール6.5(各セクションにおいて6.0以上が必須)

IELTS対策をこれから開始される方には、SI-UK語学センターのIELTS対策コースがおすすめです。

イギリスで開発学を専攻できる大学

バース大学
サセックス大学
イースト・アングリア大学(UEA)
ヨーク大学
SOAS大学
ウォーリック大学
ロンドン大学キングスカレッジ
ブリストル大学
レディング大学

開発学を学ばれた○○さんの体験談(testimonial)
SI-UKサービス内容

イギリスで開発学を学んだ後、卒業後のキャリア (Career)

イギリスで開発学を学んだ後、卒業後のキャリアとして人気が高いのは国際機関や非営利団体(NGO)です。そのほか、地方自治体や調査機関、教育機関、諮問機関など、さまざまな選択肢があります。とはいえ、イギリスで開発学を学ぶことの意義の一つは、単に希望の就職先への切符を手に入れるだけでなく、どのような形で将来的に開発学・発展途上国に携わりたいのか、具体的な手段・方法について検討し、自分自身と向き合うことにあります。

イギリスの大学・大学院で経営学を学ばれる方へ

SI-UKでは、皆様の留学の目的・キャリアに応じて相応しいプログラムをご紹介いたします。

イギリスで経営学を学べる大学

バース大学

バース大学は、常にランキング上位に位置するイギリスの名門大学の一つです。教育の質のみならず高い就職率にも定評があり、学生の満足度も高いことで有名です。

ブリストル大学

ブリストル大学は、世界で最も影響力のある大学の 1 つとして国際的に認められています。卒業後の就職実績においても評価が高いことが特徴です。

イースト・アングリア大学

イースト・アングリア大学(UEA)は、教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」の世界大学ランキングで常に上位に位置しています。

キングス・カレッジ・ロンドン

キングス・カレッジ・ロンドンは1829年にジョージ4世とウェリントン公爵によって設立されたイギリスで3番目に歴史の古い大学です。

レディング大学

レディング大学は、世界でトップ1%の大学として評価されていて、現在150か国から集まる留学生を含める17,000人ほどの学生が在学しています。

SOAS大学

SOAS大学はロンドン大学に所属しており、ヨーロッパで唯一アジアやアフリカ、中近東の人文科学、言語、文化、法律学、社会科学に特化している大学です。

サセックス大学

サセックス大学はイングランド南部ブライトンにある総合大学です。毎年数々の大学ランキングの上位に入っており、2017年度の「ザ・タイムズ」紙イギリス大学ランキングでは18位にランクインしています。

ヨーク大学

ヨーク大学は、タイムズ・ハイアー・エデュケーションと サンデー・タイムズ紙により、University of the Year(年間最優秀大学)に選出されました。

ウォーリック大学

ウォーリック大学は、イギリス中部に位置する総合大学です。MBA、ビジネス、開発学、国際間開学、経済学、社会学、法学など幅広い専攻を学ぶことができます。

イギリスの大学・大学院で経営学を学ばれる方へ

SI-UKでは、皆様の留学の目的・キャリアに応じて相応しいプログラムをご紹介いたします。

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool