キングス・カレッジ・ロンドン
King's College London

ランキング

キングス・カレッジ・ロンドン Ranking

28

立地

キングス・カレッジ・ロンドン Location

ロンドン

キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)で開発学を学ぼう

キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)は、1829年に設立された、イギリスで4番目に歴史がある大学。英教育情報誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」が発表した2016/2017年度世界大学ランキングでは、イギリス国内7位に選ばれています。卒業生や元教授、現教授を含めて、これまでにノーベル賞受賞者を12人輩出している名門校で、ビジネスやマネジメント、法律、医学、教育、音楽などの分野で特に有名です。5つのキャンパスはすべてロンドンの中心部にあり、アクセスも抜群。現在は約30,000人の学生が学んでおり、そのなかには約150か国から来た留学生が含まれています(2018年4月現在)。

プログラムの特徴

キングス・カレッジ・ロンドンでは、国際開発学部(Department of International Development)があり、大学の学士課程レベルで開発学を専攻できます。修士課程では、新興国の政治・経済や南米での開発について詳しく学ぶことも可能。世界銀行やWHO、UNDPなど、国際機関との強いコネクションがあることも、キングス・カレッジ・ロンドンの特徴です。

キングス・カレッジ・ロンドン (KCL)の開発学コース

キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)で提供している開発学の大学・大学院コースを、以下に掲載しています。気になるコースがありましたら、SI-UKにお問い合わせください。

レベルコース名 
Undergraduate International Development BA
Postgraduate Tourism, Environment & Development MA/MSc
Postgraduate Emerging Economies and Inclusive Development MSc
Postgraduate Emerging Economies and International Development 
Postgraduate Environment & Development MA/MSc
Postgraduate Genes,Environment & Development MSc
Postgraduate Latin American Development MSc
Postgraduate Leadership & Development MSc

キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)で開発学を専攻される方へ

キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)の開発学専攻についてご質問がある方、詳細を知りたい方は、SI-UKにお問い合わせください。

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学