Development Studies in the UK  | 留学エージェントのSI-UK

Economics

イギリスの開発学 (Development Studies)

社会科学に分類される開発学の学問領域は、非常に多岐にわたります。この学問では発展途上国に関する様々な問題を扱い、特に社会発展や経済発展についての研究を行います。平和学や紛争解決では、社会的対立を引き起こす暴力的行動と非暴力的行動の特定や分析を行うことで、より安全で安定した社会の実現を目指します。主要なイギリス大学やカレッジでしたらほとんどの学校で、開発学、平和学、紛争解決学、あるいは関連した学部があります。

開発学とは

開発学には人類学、グローバリゼーション、経済学、環境学、国際開発学などが含まれ、平和学や紛争解決学には、国際政治、軍備管理や軍備増強、人権、地球環境政治、民主主義制、宗教、政治などが含まれます。

イギリスの主要な大学は、ほとんどの場合開発学、平和学、紛争解決学、または、それに関連するコースを提供しています。

開発学の入学条件

  • 国際バカロレア:34ポイント
  • Aレベル:AAB
  • IELTSスコア:オーバーオール6.5(4セクション全て6.0以上である必要がある)

IELTSのスコアを上げる必要があるようでしたら、ぜひSI-UKの語学センターの提供するIELTS対策コースをご検討ください。詳細はこちらです。

Business schools across the UK offer MBA

Business school across the UK of MBA programmes that cater to student every academic level,budgetary requirement and career.

イギリスで開発学を学べる大学

バース大学

バース大学の大学院では、国際開発学の修士号を取得することができます(MSc International Development)。

サセックス大学

サセックス大学の国際開発学部も世界的に知られており、英教育機関クアクアレリ・シモンズ(QS)社の2017年度世界大学ランキングでは2位に輝きました。

イースト・アングリア大学

イースト・アングリア大学(UEA)は約15000人の学生(そのうちの約3000人は留学生)を擁する大学です。

SOAS大学

SOAS大学はロンドン大学に所属しており、ヨーロッパで唯一アジアやアフリカ、中近東の人文科学、言語、文化、法律学、社会科学に特化している大学です。

ウォーリック大学

ウォーリック大学は、イギリス中部コベントリー郊外に位置しています。

ヨーク大学

ヨーク大学は、イングランド北部の歴史的な街ヨークにあるキャンパス大学です。

レディング大学

レディング大学は、世界でトップ1%の大学として評価されていて、現在150か国から集まる留学生を含める17,000人ほどの学生が在学しています。

ブリストル大学

ブリストル大学は、世界で最も影響力のある大学の 1 つとして国際的に認められています。

キングス・カレッジ・ロンドン

キングス・カレッジ・ロンドンは1829年にジョージ4世とウェリントン公爵によって設立されたイギリスで3番目に歴史の古い大学です。

Business schools across the UK offer MBA

Business school across the UK of MBA programmes that cater to student every academic level,budgetary requirement and career.

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool