【ヨーク大学】修士課程コース修了後6か月は滞在可能に! | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【ヨーク大学】修士課程コース修了後6か月は滞在可能に!

2018年4月9日

イギリス内務省による取り組み、UKVI大学院ビザパイロットスキームに名門ヨーク大学が加わることが発表されました。2018/19年度に大学院修士号コースに進学する留学生は、卒業後、半年間はイギリスに滞在できるようになります。

UKVI大学院ビザパイロットスキームとは

2018/19年度の大学院修士課程コースを受講する留学生が対象。MA、MSc、あるいはMResの学位を取得できるコースで、受講期間は13か月以下であることが条件です。

この取り組みにおいて、Tier 4ビザを申請する学生は、以下の2つが可能となります。

  • 修士号コースの修了日から6か月間イギリス国内に滞在が可能に。卒業後にイギリスで就職活動をしたり、更に勉強に励んだりしたい学生には有利です。
  • ビザ申請の際に必要な提出書類が減ります。財政証明や過去の学業成績に関する書類は、原則として不要となります。

なお、大学院入学の条件として、プリセッショナルコース(大学進学準備英語コース)を受講する必要がある場合は、まずはプリセッショナルコースに対してビザが発行されます。コース修了後、修士課程コース用のビザを取得する際にこのスキームが適用されます。

ビザパイロットスキームの詳細については、SI-UKのこちらのニュース記事をご覧ください。

ヨーク大学とは

ヨーク大学は、英教育専門誌「Times Higher Education (タイムズ・ハイヤー・エデュケーション)」と「The Sunday Times(ザ・サンデー・タイムズ)」により、University of the Year(年間最優秀大学)に選ばれたことのある名門大学。1963年に創立された比較的新しい大学にもかかわらず、既に24の一流研究大学で構成されるラッセル・グループの一員に選ばれています。考古学や歴史学、開発学、心理学、英語学などの分野で特に高い評価を獲得しています。

ヨークは古代ローマ時代の遺跡が残る、歴史のある街。劇場やコンサートホール、独立系の映画館などがたくさんあり、文化の街としても知られています。ロンドンからは電車で約2時間です。

大学・大学院留学のご相談はSI-UKへ!

SI-UK東京オフィスおよび大阪オフィスでは、イギリスおよびアイルランドの大学(院)留学に関するご相談を随時承っております。SI-UKの無料出願サービスは、無料で最大5校(あるいは5コース)まで出願が可能。また、語学センターでは、経験豊富な英語ネイティブ講師がIELTS対策コースをはじめ、各種英語コースを指導しているので、留学・渡航前に英語力アップを達成できます。お気軽にSI-UK留学コンサルタントにお問い合わせください

 

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学