16th-banner-Internal-Mobile-480X164 16th-banner-Internal-Tablet-768X181

イギリスで学ぶロボット工学コース

ロボット 工学 とは

イギリスでロボット 工学を学び、次世代のロボットを設計し製作しましょう。ロボット工学は、ロボットの設計、製作、プログラミングに焦点を当てています。ロボット 工学 学位は、学生がその理論や原則、実践を包括的に理解し、ロボット運動学、制御システム、マシンビジョン、人工知能などのトピックについて学ぶことを目的としています。ロボット工学の学位には、通常、教室での講義、実験室での作業、そして実践的なプロジェクトが含まれます。

ロボット工学は、電気、機械、そしてコンピュータ工学の原則を組み合わせて、ロボットや自動化システムを設計、構築する学際的な分野です。ロボット産業が盛況なイギリスは、この分野が絶えず成長しており、イギリスでロボット工学を学ぶことで、学生がこの分野の専門家とネットワークを組み、業界のイベントに参加し、さらに最新のトレンドやテクノロジーについての洞察を得ることができます。またロボット工学は非常に需要の高い分野であり、イギリスで学ぶことで素晴らしい仕事のチャンスが得られるでしょう。卒業生は、製造業、医療、航空宇宙、防衛といった多彩な業界で働くことが可能です。イギリスの多くのロボット 工学 コースはロボット業界と強い連携を持ち、学生がこの分野の専門家とネットワークを組む機会を提供。プログラムには業界のゲストの講演、キャリアフェア、ワークプレースメント(実務経験)なども含まれています。

ロボット工学の種類

イギリス大学 ロボット 工学コースにご興味をお持ちの方に学士課程、修士課程、博士課程のコース期間、学費、入学条件をご紹介します。

ロボット工学の学士課程

学士課程、BEng Robotics Engineeringコースでは、試験、コースワーク、実践的なプロジェクトの組み合わせを通して評価されます。学ぶモジュールは各大学によって異なりますが、一般的なトピックは数学やコンピュータプログラミング、電子、制御システム、ロボット工学の基礎、ロボットの設計、ロボットプログラミングなどです。

コース期間

ロボット工学の学士課程コースは通常3〜4年間です。

コースの学費

学部のロボット工学コースの留学生向け学費は大学やコース期間などの要因によって異なりますが年間平均20,000 ポンドから 30,000 ポンドとなっています。

入学条件

ロボット工学の学士課程コースの場合、一般的な入学条件には 数学と物理学を含む AAA から ABB までのグレードの A レベルまたは同等の資格が含まれます。IELTSのような英語能力試験も、大学にもよってIELTSの総合スコア6.5または7.0が必要な場合もあります。入学条件は、イギリスの各大学によって異なりますのでSI-UKへお問い合わせ下さい。 

ロボット工学の修士課程

イギリスのロボット修士課程コースでは、機械学習や人工知能、ロボット制御システムなどの高度なトピックに焦点を当てながら ロボット工学について深く掘り下げます。学生はロボット工学の研究を行う機会も得られます。このコースの評価方法には、試験、コースワーク、研究プロジェクト、論文などがあります。

コース期間

一般的にロボット工学の修士課程コースは1〜2年間ですが、イギリス大学の一部では、4〜5年間の学士課程と修士課程が統合されたintegrated Bachelor(統合コース)を提供している場合もあります。

コースの学費

一般的にロボット工学修士課程コースの平均的な留学生向け学費は約20,000 ポンドから 35,000 ポンドと予想されますが、学費は大学やプログラムなどによって異なります。

入学条件

ロボット工学の修士課程コースでは、通常、ロボット工学または関連分野で、少なくとも2:1 (または同等) の成績の学士号が必要となるでしょう。入学条件は、イギリスの各大学によって異なりますのでご確認下さい。

ロボット工学の博士課程

ロボット工学の博士課程では優れた施設の中、ロボット工学、また関連する工学分野で研究を行い、専門家として求められる専門知識とスキルなどを身につけます。

コース期間

ロボット工学の博士課程コースは一般的に3〜4年間となりますが、コースの入学条件は大学やプログラムなどによって異なりますのでご確認下さい。

コースの学費

博士課程コースの平均的な学費はフルタイムコースで年間約18,000 ポンドから 36,000 ポンドですが, この費用は大学やプログラムによって大きく異なります。

入学条件

ロボット工学の博士課程コースは一般的に関連する科目の 2:1以上の学位(またそれと同等の国際的な学位)などが必要ですが、イギリスの各大学入学条件はそれぞれ異なりますので、SI-UKにお問い合わせの上ご確認下さい。

ロボット工学の奨学金

イギリスではコモンウェルス奨学金、チーヴニング奨学金、イギリス政府による GREAT Scholarships など、ロボット工学コースの学生が利用できる様々な奨学金が提供されています。 また多くの大学が留学生にも各大学による奨学金や助成金を提供しています。奨学金制度は、実績に応じたもの、経験やその他事情に応じたものなど様々ですが、頻繁に変更されますので、ご自身の状況や学習計画に合わせて、最適なものを見つけましょう。まずは、SI-UKのイギリス留学奨学金ページやイギリス大学・大学院奨学金検索ページをご活用ください。

ロボット工学コースへの出願

SI-UKはイギリス大学、ロボット工学への出願をサポート致します。先ずはSI-UK東京・大阪にお問い合わせの上、 初回無料コンサルティング をご予約ください。

ロボット工学卒業後のキャリア

ロボット工学の卒業生は、次のようなさまざまな業界で幅広いキャリアの選択肢があります。

ロボティクス エンジニア:ロボティクスエンジニアは、さまざまなアプリケーション向けのロボットを設計、開発しテストを行います。また製造や医療、防衛、宇宙探査のためのロボット作成に取り組むこともあります。

自動化エンジニア:自動化エンジニアは、製造、輸送、医療など、さまざまな業界の自動化システムを設計および開発します。

制御システムエンジニア:制御システムエンジニアは、ロボットや機械、その他の自動化システムの制御システムを設計そして開発します。

ソフトウェアエンジニア:ロボット工学の卒業生は、ロボット工学システムのソフトウェアを設計、開発するソフトウェアエンジニアとしてのキャリアで活躍することも出来ます。

リサーチサイエンティスト:ロボット工学の卒業生は、リサーチサイエンティストとして、ロボット技術の研究を行ったり、新しいロボット工学応用の開発を行うことができます。

システムインテグレーター:システムインテグレーターは、ロボティクスシステムを含むさまざまな技術をより大きなシステムやネットワークに統合できるように取り組んでいます。

ロボット工学を学んだ卒業生の収入

ウェブサイトProspects.ac.ukによると、イギリスのロボットエンジニアの初任給は通常、年間25,000 ポンドから 30,000 ポンドの間でスタートし、経験豊かなエンジニアは平均年間40,000 ポンドから 60,000 ポンドの収入を得ることが出来ます。優れた経験を積んだロボティクスエンジニアやマネジメント職の方は、年間80,000ポンド以上を稼ぐことが可能です。

ロボット工学を学べるイギリストップ大学

イギリスで最も優れたロボット 工学 学位について、2024年度ガーディアン大学ガイドランキングによる優れた機械工学 (ロボット工学)コースを提供する大学トップ10をご覧ください。

  1. バース大学(University of Bath)
  2. シェフィールド 大学(University of Sheffield)
  3. ラフバラー大学(Loughborough University)
  4. 西イングランド大学ブリストル校 (UWE Bristol)
  5. リーズ大学(University of Leeds)
  6. ミドルセックス大学(Middlesex University)
  7. サセックス大学(University of Sussex)
  8. リバプール大学(University of Liverpool)
  9. ブライトン大学(University of Brighton)
  10. リンカーン大学 (University of Lincoln)
ロボット工学コースへの出願

SI-UKはイギリス大学、ロボット工学への出願をサポート致します。先ずはSI-UK東京・大阪にお問い合わせの上、 初回無料コンサルティング をご予約ください。

イギリスでロボット工学を学ぶ

イギリス大学ロボット工学コースにご興味をお持ちの方は、お気軽にSI-UKにお問い合わせの上、初回無料コンサルティングをご予約ください。スタンダード出願サービスは、出願校を熟知した留学コンサルタントの手厚いサポートと合格保証付きで一番人気の高いサポートです。

FAQ よくある質問

ロボット 工学で必要 な 知識とは?ロボ ティック エンジニアにとって不可欠の4つのスキルは、数学の優れた基盤プログラミング言語の熟練度、力学、材料科学、そして制御システムなど機械工学の原則に関する知識、ロボットシステムのハードウェア、およびソフトウェアなどの操作経験です。

ロボット工学を学ぶメリットは、機械、工学、電気、工学、コンピューター科学、そして、数学を組み合わせた、学際的な教育を学び知識とスキルを身につけられるところです。

ロボット工学は、複雑な問題を解決し、革新的なテクノロジーを生み出すことにやりがいを感じる方に適したキャリアです。ロボティックエンジニアの需要は高く、この分野は今後も急成長すると予想されています。

ロボット工学は、数学と工学の原則における優れた基盤を必要とするチャレンジングな分野です。しかし献身さと努力を忘れなければこの分野で成功することが出来るでしょう。

ロボット工学の主要な5つの分野は操作、移動、感知機能、制御、知能です。

    1. 生産性の向上:ロボットは、人間よりも早く正確にタスクをこなすことができます。
    2. 安全性の向上:電子力発電所や石油採掘施設などの危険な環境でもロボットを利用し、仕事をすることが可能です。
    3. コスト削減:ロボットを利用することで人件費を削減し、効率性を向上させ、コスト削減につなげることができます。
    4. 一貫性:ロボットは一貫した質を保ちながらタスクを実行できるのでエラーや無駄を削減することが可能です。
    5. イノベーション:ロボットは新しい技術やアプリケーションの開発につながるので、私たちの生活の質を向上させることが出来ます。

イギリス留学で学べる科目

イギリス留学関連イベント / セミナー情報

もっと読む

イギリス留学

breckett-front   ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願時にSI-UKのチームからいただいたアドバイスやサポートに心から感謝しています!多くの質問に丁寧に答えてもらい安心しました。また、出願後のステータスアップデートも頻繁にしてもらえました。私はスタンダード・サービスを利用しました。お勧めします!  breckett-front

中田まる子さん ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) 経済学修士課程

  • university-college-london
  • manchester
  • University of Birmingham
  • University of Leeds
  • sheffield
  • reading
  • southampton
  • manchester
  • exeter
  • cardiff
  • warwick
  • loughborough
  • University for the Creative Arts
  • edinburgh
  • bristol
  • lancaster
  • durham
  • bath
  • york
  • st-andrews
  • sussex
  • nottingham
  • aberdeen
  • BIMM Institute