16th-banner-Internal-Mobile-480X164 16th-banner-Internal-Tablet-768X181

イギリスで学ぶ航空宇宙工学

航空宇宙工学とは

航空宇宙工学では、航空機や宇宙船の設計、開発、試験に焦点を当てています。イギリスでは、航空宇宙工学の国際的な学者や研究者から学ぶと同時に、最先端の設備の中で実践的な経験を積み、やりがいのあるキャリアを目指すことが出来ます。航空宇宙工学は一般的に、飛行機などの大気圏輸送機を扱う航空工学と人工衛星などの大気圏外輸送機を扱う宇宙工学の2つの分野に分けられ、空気力学、材料科学、推進システム、航空整備、制御工学など、さまざまなトピックをカバーしています。 ‘rocket scientist’とは英語の俗語で「頭脳明晰な人」を意味する通り、この学部は合格基準が非常に高い学部です。

この学部ではエンジニアリングチームを形成するのに必要となる関連分野も学びます。関連分野には液体力学、数学、ソフトウェアデザイン、推進工学や物質工学などがあります。この分野は非常に専門性が高いため、卒業後も航空宇宙工学の研究や勉強を続ける人が多いです。航空宇宙工学は、関連分野が多く、技術的能力、管理能力などが必要とされることから、他の工学分野や研究を学んだ学生にも開かれていると言えます。

航空宇宙工学の分野で人気のあるイギリス大学は、業界の専門家や研究機関、または政府機関とのパートナーシップによって、貴重なネットワーキングの機会を提供し、将来のキャリアに向けてスキルと知識を磨くことが出来ます。

航空宇宙工学コースの種類

イギリス大学・大学院の航空宇宙工学コースにご興味をお持ちの方に学士課程、修士課程、博士課程のコース期間、学費、入学条件をご紹介します。

航空宇宙工学、学士課程コース

航空 宇宙 工学の学士課程コースでは、学生に航空宇宙工学の原理の基礎についての学びを提供しています。学生は、コンピュータ支援設計 (CAD) ソフトウェアとシミュレーションツールを使用しながら航空宇宙システムを設計および分析する方法など、設計プロセスについて学習します。航空宇宙工学コースのモジュールには、数学や物理、空気力学、推進力、構造、制御システム、材料と宇宙船の設計などが含まれています。

コース期間

航空宇宙工学・学士課程のコース期間は通常 3 ~ 4 年間です。

入学条件

ほとんどの大学で数学や物理の資格が必要になります。また、多くの大学では数学や設計などの科目を深く学んでいると有利になります。数学に関しては応用数学よりも純粋数学が重視されます。工学にはさまざまな分野があり、非常に人気が高い科目ですので、優秀な成績を修めている必要があります。必要なIELTS のスコアは6.0以上ですが、上位校では7.5を求めるところもあります。IELTS のスコアを上げる必要があるようでしたら、SI‐UK IELTS 対策センターにお問い合わせください。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのスコアアップのため、様々な英語コースを開講しております。

航空宇宙工学、修士課程コース

航空宇宙工学、修士課程コースは、航空宇宙工学の分野における高度な知識とスキルを学ぶことが出来ます。このコースは、航空宇宙工学または関連分野の学士号を取得した学生を対象としたプログラムであり、学生は航空宇宙工学の基本的な概念と原理、またこの分野の最新の開発について学習します。授業の概要は通常、数値流体力学、高度な推進システム、航空機の構造と材料、宇宙システム工学、高度な制御システムなどのトピックが網羅されています。

コース期間

航空宇宙工学・修士課程のコース期間は一般的に1 ~ 2 年間です。

航空宇宙工学、博士課程コース

航空宇宙工学、博士課程コースは、学生が航空宇宙工学の専門分野でより深く研究と調査を行うことができる研究に重点を置いたプログラムであり、教員のスーパービジョンによる指導の下で独自の研究を行うことになります。コースワークと研究活動の組み合わせには、一般的に航空宇宙工学、研究方法論、そして科学コミュニケーションといった高度なトピックが含まれます。イギリスの航空宇宙研究で一般的な分野には、先端材料と構造、空気力学、推進システム、制御システム、宇宙システム工学などがあります。

コース期間

環境工学の博士号を取得するには、通常3 ~ 4 年間必要となります。

航空宇宙工学コースの学費

留学生がイギリスの航空宇宙工学コースで学ぶ場合、学費は1学年あたり約18,000ポンドから37,900ポンドとなることが予想されます。学費に影響を与える要素として立地やランキング、世界的な評判などがあります。インペリアル・カレッジ・ロンドンのコースは、イギリスで最も高くランク付けされている航空宇宙工学コースであり、EUと海外の留学生の学費は年間37,900ポンドかかります。しかし、コベントリー大学のAerospace Systems Engineering MEng/BEng (Hons)コースは、イギリスで9位にランク付けされている優れたプログラムですが、年間わずか19,400ポンドとなっています。それではイギリスの航空宇宙工学プログラム・トップ5と留学生向けの学費をご紹介します。

航空宇宙工学の奨学金

航空宇宙工学コースを学びたい学生に、イギリス大学や民間団体から、様々な奨学金が提供されています。奨学金制度は、実績に応じたもの、経験やその他事情に応じたものなど様々ですが、頻繁に変更されますので、ご自身の状況や学習計画に合わせて、最適なものを見つけましょう。まずは、SI-UKのイギリス留学奨学金ページイギリス大学・大学院奨学金検索ページをご活用ください。

航空宇宙工学コースへの出願

SI-UKは皆様の航空宇宙工学コースへの出願をサポート致します。先ずはSI-UK東京・大阪にお問い合わせの上、 初回無料コンサルティング をご予約ください。

航空宇宙工学・卒業後のキャリア

 航空宇宙工学の卒業生は、航空機と部品設計、航空機の製造、メンテナンスと試験、フライトシミュレーション、特許工学、システム工学と構造工学などの分野で活躍しています。航空宇宙工学のキャリアチャンスは、航空機の設計と製造、また業界関連の様々な企業で提供されています。例えば有名企業のロールス・ロイス・エンジン、ブリティッシュ・エアウェイズ (British Airways) 、エアバス (Airbus) 、BAEシステムズ (BAE Systems)や国防省などは、常にイギリスの航空宇宙工学の卒業生から人材を探しています。

航空宇宙工学卒業生の就職率

2024年度のガーディアン大学ガイド科目別ランキング(航空宇宙工学)によると卒業後、15ヶ月以内に大学院レベルの仕事を見つけたり、専門または高等教育レベルへ進学している卒業生の割合が最も高いのは次の5つの大学です。

航空宇宙工学コースで学んだ卒業生の収入

航空宇宙工学の専門家が得られる平均的な初任給は、約27,000ポンドであり、一般職の場合、平均の初任給は一万8000ポンドです

出典:高等教育統計局、Destination of Leavers from Higher Education 2016-17.

航空宇宙工学を学べるイギリストップ大学

イギリスで最も優れた航空宇宙工学の学位について、2024年度ガーディアン大学ガイドランキングによる優れた航空宇宙工学コースを提供する大学トップ10をご覧ください。

  1. インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)
  2. ブリストル大学(University of Bristol)
  3. バース大学(University of Bath)
  4. シェフィールド 大学(University of Sheffield)
  5. コベントリー大学(Coventry University)
  6. サウサンプトン大学( University of Southampton)
  7. ブライトン大学(University of Brighton)
  8. ノッティンガム大学(University of Nottingham)
  9. リーズ大学(University of Leeds)
  10. 西イングランド大学ブリストル校 (University of the West of England、UWE Bristol)
航空宇宙工学コースへの出願

SI-UKは皆様の航空宇宙工学コースへの出願をサポート致します。先ずはSI-UK東京・大阪にお問い合わせの上、 初回無料コンサルティング をご予約ください。

イギリスで航空宇宙工学を学ぶ

イギリス大学の航空宇宙工学コースにご興味をお持ちの方は、お気軽にSI-UKにお問い合わせの上、初回無料コンサルティングをご予約ください。スタンダード出願サービスは、出願校を熟知した留学コンサルタントの手厚いサポートと合格保証付きで一番人気の高いサポートです。

FAQ よくある質問

航空工学は、航空機や宇宙船、その他の関連するシステムの設計、開発、テスト、そしてメンテナンスなどを行う高度な専門分野です。そしてこの業界をリードする航空、宇宙企業研究機関、そして政府機関との仕事など、エキサイティングでやりがいのある様々なキャリアが提供されています。加えて、航空工学のキャリアは、高い収入とキャリア向上の機会によって経済的な豊かさも期待できる分野です。将来的にもし科学、テクノロジー、エンジニアリングに興味があって、航空と宇宙に対する情熱を持っているなら、航空工学のキャリアは大きなメリットのある充実した選択となるでしょう。

航空工学と航空宇宙工学は重複する部分もある関連分野ですが全く同じではありません。航空工学は飛行機やヘリコプター、ドローンなど、地球の大気圏内で飛行する航空機の設計や開発、メンテナンスに焦点を当てています。 その一方、航空宇宙工学は飛行機だけではなく、宇宙船、人工衛星、ミサイルなど大気圏外で活躍する乗り物の設計や開発など、さらに幅広い分野を網羅しています。どちらの分野も数学や物理学工学の基礎に加えて、材料科学と空気力学、そして推進システムに関する優れた力量が必要とされます。

航空宇宙工学のプログラムでは、工学の原則とその原理が航空機やその他の航空、宇宙システムの設計開発、そしてメンテナンスにどのように適応されるかを総合的に理解することができます。航空宇宙工学コースを通して、学生は以下のスキルを含む幅広い技術的および実践的なスキルを身に付けることができます。 · 設計と分析スキル · 空気力学の知識 · 材料科学 · 推進システム · 問題解決スキル · コミュニケーション能力 · 専門的技術と倫理

航空宇宙工学の卒業生の興味とスキルによって、次のような分野のいずれかでキャリアを追求することができます。 · 航空宇宙産業 · 研究開発 · メンテナンスと修理 · 起業コンサルティング

イギリス留学で学べる科目

イギリス留学関連イベント / セミナー情報

もっと読む

イギリス留学

breckett-front   ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願時にSI-UKのチームからいただいたアドバイスやサポートに心から感謝しています!多くの質問に丁寧に答えてもらい安心しました。また、出願後のステータスアップデートも頻繁にしてもらえました。私はスタンダード・サービスを利用しました。お勧めします!  breckett-front

中田まる子さん ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) 経済学修士課程

  • university-college-london
  • manchester
  • University of Birmingham
  • University of Leeds
  • sheffield
  • reading
  • southampton
  • manchester
  • exeter
  • cardiff
  • warwick
  • loughborough
  • University for the Creative Arts
  • edinburgh
  • bristol
  • lancaster
  • durham
  • bath
  • york
  • st-andrews
  • sussex
  • nottingham
  • aberdeen
  • BIMM Institute