【キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)】修士課程コース£9,000の奨学金情報! | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)】修士課程コース£9,000の奨学金情報!

2018年2月14日

日本人留学生に人気のイギリスの大学、キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)から、大学院修士課程コース奨学金のお知らせが届きました。Department of Global Health & Social Medicineという、健康や医療を社会学の側面から研究する学部で、£9,000が給付されます。

2018/2019 Global Health & Social Medicine Scholarship Master's Award

金額:£9,000

対象:2018/2019年度にDepartment of Global Health & Social Medicineが提供している、以下のいずれかの修士課程コースを受講する方(フルタイムコースのみ対象)

  • MA/MSc Ageing & Society
  • MSc Bioethics & Society
  • MSc Gerontology
  • MSc Global Health & Social Justice
  • MSc Medicine, Health & Public Policy
  • MA Public Policy & Ageing

応募条件:

  • 3月31日までに学部への出願を終えていること(※奨学金専用の願書はなく、学部へ出願している方は自動的に奨学金給付の対象になります
  • 学士課程を優秀な成績で修了していること
  • 関連する職務経歴がある方(専攻によっては必要な場合あり)
  • 志望動機書を提出すること

なお、この他にも、以下のコースに出願した方は、£1,000の奨学金を給付できるチャンスがあります。

  • MA Public Policy & Ageing
  • MA/MSc Ageing & Society
  • MSc Gerontology

Department of Global Health & Social Medicineとは

"Health is more than a medical matter"(健康とは医療だけの問題ではない)をモットーに、健康や医療を社会学の側面から研究している学部。病気や、健康を脅かす原因・リスクは、社会的や政治的、経済的状況に起因するという観点からリサーチを行っています。世界の医療の不平等さや、そのことが政治や社会にどのように影響しているか、また近年話題のエイジングやバイオテクノロジー、生物医学/生物医療などについても研究を重ねています。

なお、Department of Global Health & Social Medicineは、Faculty of Social Science & Public Policyに属しており、KCLの社会学部はイギリスでトップ10にランクインしています。

KCLとは

1829年に設立された、イングランドで4番目に歴史の古い大学。英教育情報誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が発表した2016/2017年度世界大学ランキングでは、イギリス国内7位に選ばれています。卒業生や元教授、現教授を含めて、これまでにノーベル賞受賞者を12人輩出している名門校です。ビジネスやマネジメント、法律、医学、教育、音楽などの分野で特に有名です。5つのキャンパスはすべてロンドンの中心部にあり、アクセスも抜群です。

キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)への大学院留学をお考えの方は、SI-UKにご相談ください。SI-UKは、イギリスおよびアイルランドの大学(院)への無料出願サービス出願書類無料添削サービスの提供、ビザ申請サポートなど、学校・コース選びから渡航まで留学準備をフルにお手伝いしています。また、語学センターでは、経験豊富な英語ネイティブ講師がIELTS対策コースをはじめ、各種英語コースを指導していますので、留学・渡航前に英語力アップが可能です。

詳しくは、SI-UK留学コンサルタントにお問い合わせください

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学