ホームステイの選び方

ホームステイの最大の魅力といえば、現地の生きた英語や文化、生活習慣をホームステイという形で体験できることです。イギリスに限ったことではありませんが、留学中のホームステイ事情は、地域によっても異なりますが、必ずしも純粋な私たちの一般的にイメージするイギリス人家庭にステイするとは限りません。家族構成や家の大きさ、ルームメイトやペットの有無など環境も様々です。非常に高い意識を持ったホストファミリーもいれば、あまりホスピタリティ精神を持たない家庭に当たってしまうケースもあるようです。数多の選択肢がある中で、どのように良質なホームステイ先を見極めたら良いのか分からない方が多いのではないかと思います。そこで、当社では、皆様のご要望とご希望に添って、丁寧なカウンセリングを通し、皆様に情報提供を致しております。

イギリスでホームステイをする魅力

イギリス留学を希望されるかたの中には、語学学校で勉強をするのではなく、ホームステイのみを体験したい、という方が多くいらっしゃいます。今では世界の共通語になっている英語も発祥の地はイギリス。本場の英語を学べる環境にあり、ヨーロッパの歴史が深く刻まれているイギリスは長年に渡り多くの人々を魅了してきました。イギリスには、何百年もの時を経て現在に至る古い建物が、街のいろいろな場所に点在しています。他の諸外国では都市に行けば、あまり日本と変わらないイメージですが、イギリスでは歴史ある街並みを謳歌しながら、そこでホームステイをすることで、文化や習慣の違いを体験し国際的な感覚や英語力を身に着けることができるでしょう。

イギリスホームステイの種類

①語学学校からのホームステイ
語学学校からのホームステイは、語学学校を通して、学校周辺のホームステイ先を優先的に探してくれます。語学を学びながら、場合によっては、他の国の生徒と一緒に滞在することもあります。どこの学校も事前アンケートで、子供やペットの有無、喫煙環境や食べ物アレルギーなどに対して確認してくれます。出来る限り各生徒の要望に対してホームステイをアレンジしてくれますので、自分の希望等をきちんと書くことが重要です。その他にも、新聞や広告などにステイ先が紹介されていたり、知り合いに紹介してもらうなど、パターンは幾つかありますが、誤った認識がステイ先との間にないように始めにきちんとコミュニーケーションをはかることが大切です。

②ホームステイのみの滞在
ホームステイ先が語学学校の先生や教員を退職された方など、ホームステイをしながら、語学を家で学ぶことができます。もちろん、純粋にホームステイのみをすることも可能ですが、ほかにも、ホームステイ先でイギリスの料理を学んだり、ガーデニングやイングリッシュ・ティーなども選択できます。事前に希望のエリアでどのようなホームステイをするかの詳細を自分で決めることができますので、こちらも同じくできるだけ自分の要望や、アレルギーなど詳細を伝えることが大切です。詳しいホームステイの詳細につきましては当社にてお探しいたしますので、カウンセリングフォーム又はお電話にてご連絡下さい。

ホームステイ体験談

いくつかの家庭を紹介しますが、やはり同じ国の中でも、家庭ごとに様々な生活スタイルや文化への考え方などがあり、選ぶステイ先によって得られる体験の種類も質も違ってくるでしょう。

家庭よっては門限があったり、夕食の時間が決まっていたりするなどルールが多いところもあります。地域のよっても家庭の種類はまた異なるでしょう。また、ステイする私たちもそれぞれのステイ先の環境に合わせ、進んでコミュニケーションをとって、マナーを守りながらお互いの中を深め、そしてより楽しい生活を送れるよう努力することが大事です。もちろん生活していくにしたがって、自分に合う・合わないが出てくると思いますので、その場合はできるだけ早めにお知らせ下さい。ただし、お互いに理解をし合えれば解決できる問題もありますので、まずは先に相談をして、無理のない解決方法を早いタイミングで考えることが必要となります。ストレスを抱え込まないことや与えられた環境への無理のない順応姿勢がホームステイ成功への近道です。このようにして、ホームステイをポジティブに満喫していただければと思います。

「興味深かったのは、家では、シャワーを使うのにボイラーでお湯を一定の量、貯蓄してからシャワーを浴びるので、シャワーの時間を短くしてね、と言われました。最初は、水の節約のため?とちょっと疑問でしたが、実は、お湯を貯蓄したものをシャワーとして使用していたので、他の人のことも考えて、ということでした。日本ではいくら古い家でもそんなことはないと思いますが、意外にも自分の友達の周りの家庭も同じことが多かったです。最初にそれを分かり合えないと、「お金を支払って滞在しているのに、なぜそこまでしなくては?」と思う方もいるみたいで、そこでホームステイ先と仲が悪くなる人もいるみたいですが、きちんと分かり合えれば、それは防げると思います。英語で理解するのも大変だったけれど、一生懸命話そうと努力していた自分が、ホームステイ先でも理解をしてくれて、最後には本当に充実したホームステイができたので、本当に良かったです。ホームステイをする方によっては、積極的に話さないで、そのままホームステイ先の人と仲が悪くなるケースがあるみたいですが、自分が努力をして一生懸命はなそうとすれば、相手も理解しようと努力してくれるので、ホストファミリーとの関係がうまくいっていない人は、自分が積極的になることから始めることをお勧めします。海外でのホームステイは本当に学べることがたくさんあります。そこで学びとったことを活かしながら生きていくことはとても大きな財産になります。そしてお世話になったステイ先の家族と長くに渡ってKeep in touchできたら、なお素晴らしいですよね!」(体験談:イギリス ウェールズ州より)

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学