イギリス大学のインテリアデザインコース

インテリアデザインとは

近年、インテリアデザインは非常に人気が高い学科です。一般住宅、ホテル、病院、小売店、商業施設や展示スペースなど、多くの場所でインテリアデザインの技術は空間意識を高めます。

インテリアデザインは多くのスキルを要求される職業です。プロジェクトのデザイン、プロジェクトの管理能力、与えられた状況に臨機応変に対応できる想像力を求められます。インテリアデザインの重要性は近年ますます認知されるようになり、より規模の大きいプロジェクトの需要が高まってきています。

プロジェクトを実行するためには、デザインだけではなく、それを実現するエンジニアたちを雇い彼らと一緒に仕事をします。熟練した建築業者、指物師、石膏細工人、テキスタイルデザイナー、アーティスト、家具デザイナーなどチームを組む相手はプロジェクトによってさまざまです。自分で幾つかの役割を兼ねることもあるでしょう。

イギリスで学ぶインテリアデザインのモジュールにはすべての要素が含まれています。学生は、初期のデザインから始まり、ブランディング、プロジェクト管理、プロジェクトの実施まで、すべてのプロセスを学ぶことができます。

コースモジュールは色、デッサン、空間デザイン、壁や床の塗装、家具スタイル、照明、などプロとして独り立ちできるための技術の習得に焦点を当てています。大学卒業後に論理だけではなく実践力を伴って社会に出ることができます。イギリスでは、ほとんどのインテリアデザイナーのコースでデジタル表現やプロジェクトマネジメント技術が教えられています。この2つはデザイン産業において非常に重要とされています。多くのコースでインターンシップやインテリアデザインの専門家たちとの交流を定期的に行っています。実際のプロジェクトの中で専門的なトレーニングを積む機会もあります。

インテリアデザインのキャリア例

  • リテール、ホスピタリティ、居住環境、オフィス、展覧会などでのインテリア設計
  • デザインチームの一員としてプロジェクトに関わる
  • フリーランスで働く、または独立し自分のアトリエを構える
  • ブランディングや通信
  • 3D デザイン
  • デザインマネージャー
  • デザインジャーナリストやライター

インテリアデザインの入学条件

学士レベルでインテリアデザインを学ぶのであればファウンデーションや高等ナショナルディプロマなどでアートやデザインを学んでいることが最低限必要になります。ポートフォリオも必須です。大学はポートフォリオを通じて、それぞれの出願者が得意とするものを芸術性やクリエイティビティの観点から見ます。

留学生がインテリアデザインを学士で学ぶ場合、一般的にIELTSのスコアはオーバーオールで 6.0、4つのセクション(リ ーディング、ライティング、スピーキング、リスニング)すべてで 5.5以上が必要です。

IELTS のスコアを短期間で上げる必要があるようでしたら、お問い合わせは今すぐ。リーディング、ライティング、リスニング、ス ピーキングのスコアアップのため、様々なIELTS対策コースを開講して おります。

イギリスでインテリアデザインを学べるところ

インテリアデザインで有名なイギリスの大学の詳細についてはイギリス大学インテリアデザイン学科トップ 10ランキングをまずご参照ください。

ケンブリッジ大学やユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願サポートをご希望でしたら、SI-UK のオックスブリッジ・ サービスをご利用ください。世界最高峰の大学に、準備を万全に整え出願することができます。

SI-UK の出願サポートサービス

詳細につきましては、イギリス留学サポートの経験豊富なコンサルタントにぜひご相談ください。ご相談は無料ですのでお気軽にご予約ください。大学最新情報とともにお待ち申し上げております。

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学