イギリスで映画学を学ぶ

映画学(フィルム・スタディーズ)とは

映画学では映画に対する理論的、歴史的、批評的アプローチを学び、語りの手法や、芸術的、文化的、経済的、政治的な含意について探究します。映画製作、理論的枠組み、コンテクストや作品について分析するなかで、ビジュアルフィルムの美学と脚本分析との対立が生じることもあります。映画学では映画鑑賞や、映画について読んだり書いたり、その映画の意味や重要性についてディスカッションをしたりする時間が多くあり、その過程で視覚的な美学、語りの形式、技術能力の理解を深めます。プロデューサー、監督、脚本家や役者の実践的な経験を通じ、映画の基本についての必要不可欠な見識を得ます。

アルフレッド・ヒッチコックからリドリー・スコット、ブルース・ロビンソンからリチャード・カーティスまで、イギリスは時代を超えて愛される素晴らしい映画を制作する監督を数多く輩出しています。将来映画業界での就職を希望する人は、英語が世界の映像制作現場で使用される言語であるということもあり、イギリスを留学先として選んでいます。

映画学のキャリア

映画学の学位取得後は映画やビデオのプロデューサー、編集者、研究者としてキャリアを積みます。映画のマーケティングやPR 、メディアの制作や公開、映画制作、アートやイベントの企画運営や地域コミュニティーの放送などの分野で活躍することができます。モータルコンバットというゲームの脚色ディレクターであるポール・W ・S・アンダーソンもフィルムスタディーズを学んでいます。後に監督したバイオハザードやエイリアンvsプレデターなどの映画は高い興行収入を記録しています。映画学のコースを通してカメラの使用方法、フィルム編集の方法といった基礎技術も含め、芸術、文学、文化などの素晴らしい知識を身につけることができるでしょう。この学位はメディア、ビジネス、法律、マネジメントなどのキャリアへ導いてくれます。

映画学の入学条件

一般的に、留学生が学士でフィルム・スタディーズを学ぶ場合、IELTSのスコアはオーバーオール6.5、4つのセクション(リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング)すべてで5.5以上が必要です。

IELTSのスコアを上げる必要があるようでしたら、お問い合わは今すぐ。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのスコアアップのため、様々な英語コースを開講しております。

イギリスで映画学を学べるところ

映画学で有名なイギリス大学についての詳細は下記をご参照ください。

  1. University of Warwick (ウォーイック大学)
  2. University of St. Andrews (セント・アンドリューズ大学)
  3. University of Southampton (サウザンプトン大学)
  4. University of Exeter (エクゼター大学)
  5. Swansea University (スウォンジー大学)
  6. Cardiff University (カーディフ大学)
  7. Loughborough University (ラフバラー大学)
  8. Newcastle University (ニューカッスル大学)
  9. Unibvetsity of Leeds (リーズ大学)
  10. Edinburgh Napier University (エジンバラ・ナピア大学)

SI-UK出願サポートサービス

詳細につきましては、イギリス留学サポートの経験豊富なコンサルタントにぜひご相談ください。コンサルティングのご予約は今すぐ。コンサルティング(無料個別相談)詳細・予約

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学