ピアソンのご案内

ピアソンアカデミック英語テスト(PTE)とはなんですか? 

ピアソンアカデミック英語テスト(PTE)は国際的に学習するために最初に完全にコンピュータ化された英語力試験です。

PTEは、信頼のできる英語テストを提供する世界有数のプロバイダーの1つです。毎年、何十万人もの人々がPTEを信頼して、勉強、仕事、または移住で新しいキャリア、経験、 可能性を広げるために、英語能力証明のために受験しています。

PTEは、英国、オーストラリア、ニュージーランドの政府によってビザ申請のために受け入れられており、また3,000を超える大学やカレッジが出願の際の英語力証明としてPTEを認定しています。

英語テストを10%OFFで受験

留学生は、PTEの特別オファーコードを使用することで、アカデミック英語テストを10%OFFで受講可能です。チェックアウト時に「SIUK10」と入力してください。 詳細については、お気軽にSI-UKコンサルタントにお問い合わせください。

PTEは他の試験とどのように違うのでしょうか?

  • テストは、スピーキングセクションを含む完全にコンピュータベースの試験です
  • テスト時間はわずか2時間です
  • PTEは、人工知能(AI)を使用して採点します。それによって、最も正確で偏りのないスコアリングそして平均して2日以内というスピードで結果がわかります。
  • イギリス英語やアメリカ英語のような偏りがなく、「国際的な英語」がテストされます
  • 世界中の350以上の便利でフレンドリーな場所にテストセンターを構えています
  • オンライン上で多くのテスト対策資料が提供されているので、十分な試験勉強をして自信を持って受験することができます

PTE採点ガイドライン

PTEを完了すると、スコアレポートとスキルプロファイルを受け取ります。テストスコア、言語スキルレベル、およびどこを改善できるかを理解するのに役立ちます。

各PTEテストには20種類の質問があります。 それぞれの採点基準は異なります。 多肢選択式の回答は、正解または不正解として採点されますが、エッセイ作成などのより複雑な質問タイプの採点は、より多く細かい採点基準に基づいています。

各教育機関は、スコアの設定方法を選択することができます。 通常、下記の最小スコアを達成する必要があります:

  • ファウンデーション・コース: 最小スコアは36–50の間
  • 学士号コース: 最小スコアは51–60の間
  • 修士号コース: 最小スコアは57–67の間

PTE模擬テスト

本番のテストでどれくらいのスコアを取得できるかを予測する最良の方法は、採点つきの模擬テストを試すことです。

実際のテストと同じタイプのコンテンツを使用し、3時間以上かけて行われるスコア付き練習テストは、潜在的な全体スコアを予測するのに役立ちます。 また、自分の長所と短所を理解するのにも役立ちます。これを使用して、学習計画を立てることができます。

PTEを選ぶ理由

スピーディーにわかる結果 - ほとんどの受験者は48時間以内に結果を受け取ります。 またテストは頻繁に開催されているので都合の良い日程を選択することができ、またぎりぎりに予約することも可能です。

ストレスフリー - 2時間で終わるコンピューターベースの試験、フレンドリーなテスト環境、簡単な予約方法でストレスを感じることなく良いテスト体験ができます。

試験対策がし易い - 準備パッケージ、模擬テスト、無料のリソースなどを上手く組み合わせて、テスト準備をすることができます。試験当日自信を持って受験することができます。

PTEを受験する

PTEの詳細やレッスンの申し込みをご希望の場合は、SI-UKJapanまでお気軽にご連絡ください。

  ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願時にSI-UKのチームからいただいたアドバイスやサポートに心から感謝しています!多くの質問に丁寧に答えてもらい安心しました。また、出願後のステータスアップデートも頻繁にしてもらえました。私はスタンダード・サービスを利用しました。お勧めします!  

中田まる子さん ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) 経済学修士課程

  • university-college-london
  • manchester
  • University of Birmingham
  • University of Leeds
  • sheffield
  • southampton
  • manchester
  • exeter
  • cardiff
  • warwick
  • loughborough
  • University for the Creative Arts
  • edinburgh
  • bristol
  • lancaster
  • durham
  • bath
  • york
  • st-andrews
  • sussex
  • nottingham
  • aberdeen
  • BIMM Institute