ベッドフォードシャー大学

ランキング 131
ロケーションLuton and Bedford, Bedfordshire
創立2006
有名な専攻分野 ジャーナリズム、マーケティング、HR(人事管理)
外国人学生向け費用£11,500
概要
ロケーション Luton and Bedford, Bedfordshire
創立 2006
有名な専攻分野 ジャーナリズム、マーケティング、HR(人事管理)
外国人学生向け費用 £11,500

ベッドフォードシャー大学の紹介

ベッドフォードシャー大学は、ロンドンの北にある都市、ルートンとベッドフォードの2か所に校舎を構えています。ルートンの中心にキャンパスが2か所あり、ベッドフォードの近郊にキャンパスを構えます。これらのキャンパスは学生寮を備えていません。また、看護、助産学位は、Batterfild Parkというルートンの郊外、アイルズベリーにある、オクスフォードハウスの2か所のキャンパスを所持しています。修士ビジネススクールは、Putteridge Buryというカントリハウスで行われています。

100か国以上の国籍から集まる学生が24,000人以上在学しています。ベッドフォードシャー大学は2006年創立以来、130万ポンドを校舎などの設備開発に投資しています。当大学のスポーツ設備は、2012年のオリンピック選手、2015年世界ラグビー選手権の選手の練習場として使用されました。

英国首都ロンドンより、わずか車で1時間の距離に位置していて、ロンドン空港、ルートン空港からも直接電車が通っています。ベッドフォードシャー大学は、2006年ルートン大学とデ・モントフォート大学が合併し設立されました。

留学生へのサポート

ベッドフォードシャー大学は、留学生オフィスは、留学生に対し、大変充実したサポートを提供しています。ビザ、アコモデーション、トラベルや、イベント案内や、新入生へのオリエンテーション、インダクションなどを提供しています。フォーマルコミュニケーションスキルでは、アカデミック英語を学び、英国大学の文化や、学問で必要となる一般スキルなどのコースを用意しています。

新入生は、在学中の留学生から全員Buddy(個人支援者)が担当となり、大学生活に適応するサポートを得ることができます。

ランキング

  • Times University Guide 2016年度 110位
  • Guardian University Guide 2017年度 113位
  • Complete University Guide 2017年度 210位

2014年度のReserch Excellence Frameworkでは、ベッドフォードシャー大学の研究結果は、2008年に比べ2倍以上の研究が国際的レベルと評価され、多くの研究スタッフが世界をリードする研究者としてみなされています。

滞在方法

ベッドフォードシャー大学は、Lutonに多数タイプのアコモデーションを用意しています。ワンルームアパートから共用フラットの一部屋まで、多くの種類があります。学生は、敷地内にあるジムを無料で使用することが出来、24時間起動のコインランドリーと、セキュリティが設置されています。ベッドフォードキャンパスでは、Student Villageまたは、Liberty parkの2か所からアコモデーションを選ぶことができます。

ロケーション

ルートンは、英国の最も大きな都市のひとつで、多国籍の集まる都市です。140以上の人種が集まる多文化社会です。その反対に、ベッドフォードは、Great Ouse川沿いの街で公園や敷地に囲まれています。

ロンドンのセントパンクラス駅まで、ベッドフォードからは快速で22分、Lutonからは40分と大変近い距離です。ロンドンルートン空港はルートンキャンパスよりたった4キロです。

You might also be interested in

【イギリス留学】をした日本の著名人とその大学をご紹介!

本日はイギリス留学した日本の著名人とその大学をお届けします! Read more

留学生にとって最も学費が安い大学トップ5!~修士課程編~

皆さんは、留学先の大学や大学院を決める際に、何を重視しますか?大学のランキング結果や希望する専攻・コースの認知度?それとも、キャンパスの雰囲気や周りの治安などでしょうか?もちろん、これらはすべて考慮すべき点ですが、同じく大切なのは学費の高さです。今回は、留学生にとって最も学費が安いイギリスの大学トップ5(修士課程編)をご紹介します。 Read more

留学生にとって最も学費が安い大学トップ5!~学士課程編~

皆さんは、留学先の大学や大学院を決める際に、どのようなことを重視しますか?大学のランキング結果や希望する専攻・コースの認知度?それとも、キャンパスの雰囲気や周りの治安などでしょうか?もちろん、これらはすべて考慮すべき点ですが、同じく大切なのは学費の高さです。今回は、留学生にとって最も学費が安いイギリスの大学トップ5をご紹介します。まずは学士課程のランキングからどうぞ! Read more

他の大手留学エージェンシーも利用しましたが、私はSI-UKのほうがサポートが厚く、先生方も良い方たちばかりで、値段もリーズナブルだと思います。他社に比べて商業的ではないので、SI-UKのサービスを知らずに留学準備を進める方もいるだろうと思うととても残念に思います。SI-UKをより多くの人に知ってもらいたいです!

中元 明里さん エクセター大学 MBA

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学