イギリスで社会学(Sociology)を学ぶ

社会学とは

社会学とは”社会科学”と”社会(ソサイエティ)の起源の研究"から派生した学問です。ここでいう”社会(ソサイエティ)の起源"とは社会がどう発展し、組織化され、そこに制度が生まれるかを意味します。社会学は実証的調査と批判的分析を通して、人間の社会的アクティビティ、構造やその働きへの体系的な知識を深めていきます。社会階級、文化、人種と民族、性別、ソーシャルモビリティ、宗教、法律に焦点を当てて学んでいきます。イギリスの大学で社会学を専攻する場合、会計学や経済学、ファイナンスやマーケティングと合わせて学ぶケースも多くあります。

社会学はイギリスでは1904年から大学で教えられるようになりました。プログラムを通して論理的思考、批評的評価、識字能力および表現、交渉術や問題解決スキルなどを身につけます。社会学の授業ではカール・マークス、マックス・ウェイバー、エミール・ヤーケムをはじめとして、社会変革、社会政策および犯罪と社会についてカバーします。

社会学卒業後のキャリア

社会学部の卒業生はその多くが、メディア、地方自治体、研究所、経営、ハウジングや教育関連の職場に就職しています。

社会学が学べるイギリスの大学トップ10:

  1. University of Cambridge (ケンブリッジ大学)
  2. University of Bath (バース大学)
  3. Lancaster University (ランカスター大学)
  4. University of Bristol (ブリストル大学)
  5. University of Plymouth (プリマス大学)
  6. University of Huddersfield (ハダーズフィールド大学)
  7. University of Aberdeen (アバディーン大学) 
  8. University of Edinburgh (エジンバラ大学)
  9. University of Durham (ダラム大学)
  10. University of Exeter (エクゼター大学)

(2020年度の英ガーディアン紙発行大学ガイドより)

SI-UK のサポート

イギリスでのコンピューター関連の留学にご興味のある方は、無料コンサルタントへご予約ください。出願手続きプロセスについて詳しくはこちらをご覧ください。また、プレミアムサービスでは、大学からのオファーを保証しています。

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学