【ロンドン大学SOAS】法学部卒業生、イギリス国内の卒業生高収入ランキングで2位に! | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【ロンドン大学SOAS】法学部卒業生、イギリス国内の卒業生高収入ランキングで2位に!

2019年7月23日

イギリスの名門大学の一つロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)は法律専門家へのガイドChambers Studentによる最新の調査で、法学部卒業生がケンブリッジ大学(University of Cambridge)や、オックスフォード大学(University of Oxford)キングス・カレッジ・ロンドン(King's College London、KCL)そしてユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(University College London, UCL)を追い越し、平均80,973ポンドの高額収入があることを明らかにしました。

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)School of Law法学学士課程プログラム( LLB)は、イギリスや、ウェールズ、北アイルランド全ての地域で、職業上必要とされる法律の全てを学ぶ機会と、ユニークな選択科目を選択するチャンスが提供されています。

School of Lawの代表、キャロル・タン教授は、「Chambers Studentによる調査は、このスクールにおける幅広いモジュールの選択肢と、高品質な学習と教育、またその国際的な視野が世界的に需要が高いことを示しています。それは、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)の学生たちが最高の力を持っている証でもあります。」と述べました。

LLM(法学修士課程)とMAの学生にもまた、人権、国際法、イスラム法、商法、環境法など多数のモジュールが提供されています。

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)について

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)は、アジア、アフリカ、中近東の専門的な地域研究に特化した専門性が非常に高い大学です。また多数の留学生が学ぶ国際的な大学でロンドン中心にキャンパスを構えています。学生満足度もとても高く、その中でも人気のプログラムは開発学、地域研究プログラムなどです。

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)の出願、コースについてのお問い合わせはSI-UKへイギリス大学の公式出願窓口として、出願プロセスを丁寧にご案内します。また遠方の方でもSkypeやお電話で、ご相談していただけます。

この記事で取り上げた大学:

  • SOAS University of London

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学