東京フェア参加校【レディング大学】2020年9月からの新コースをご紹介 | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

東京フェア参加校【レディング大学】2020年9月からの新コースをご紹介

2019年9月4日

150年の歴史を持つレディング大学 (University of Reading)は、5年間続けて、世界の教育機関で上位20%に入る名門校です。このレディング大学 (University of Reading)より、2020年9月から開講される2つの新コースをご紹介します!

MArch Architecture(建築学、修士課程コース)

このコースでは、限られた資源の中で、革新的に質の高い設計を行う、21世紀に活躍する建築家へのスキルを身につけるため、建築学の要素4つに焦点を当てて学習します。

  • 建築デザイン
  • 研究方法
  • 建築技術
  • 専門的なスキル

このプログラムでは、研究テーマやプロジェクト現場、ケーススタディー、実践を通し、国際的に通用する建築家を育てるサポートをします。レディング大学 (University of Reading)は、強力な建築業界とのネットワークを持ち、業界パートナーと密な連携によって、修士課程の建築学プログラムのカリキュラムは開発されました。このプログラムは絶えず変化する建築業界の新しいニーズに応えることを目指しています。

BSc Nutrition(栄養学、学士課程コース)

このコースでは、個人または社会レベルで栄養と健康の関係について学びます。消費者が健康的な食事の重要性を認識するにつれ、栄養学者は社会全体にとって重要になってきています。

このBSc Nutritionコースでは、次のことを学びます

  • 食事が健康にどのように影響し、またどのように心血管疾患や、糖尿病、肥満、認知症などの疾患を発症するのか
  • 栄養素が細胞や組織、器官に及ぼす影響
  • 公衆衛生のアドバイスが臨床上の証拠によってどのように根拠を与えられているか など

レディング大学 (University of Reading)は、人間の栄養、食品化学、化学工学、微生物学、食品法に関する世界的権威として知られています。大学スタッフは、世界レベルの研究に従事しているので、この分野の変化するトレンドや、新技術を反映した教育を行います。またイギリス大学の中でも最大規模の専門的な食品教育施設で学ぶことができます。

レディング大学について

レディング大学 (University of Reading)は、ロンドンから30分という便利な場所にあり、専門性が高く、実践的な教育を提供する著名な研究大学です。大学の学習経験に対する学生満足度も高く、卒業後6ヶ月以内に卒業生の約95%が就職、または進学しています。人気の分野は、MBA、農業開発学、TESOLなどです。

SI-UKイギリス・アイルランド留学フェア開催!

10月18日(金)東京会場にて開催SI-UKイギリス・アイルランド大学・大学院留学フェアレディング大学 (University of Reading)も参加が決定しました。この留学フェアでは大学スタッフとの個人面談が可能。留学フェアの時間を有効に使っていただくためにも、個人面談は事前予約をおすすめしています。

この記事で取り上げた大学:

  • University of Reading

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学