イギリス留学の何が大変か? ~長期留学ビザ編

2017年7月31日

イギリス留学を控えた方々が直面する問題は、なんといっても「ビザ」。

ところが、このビザをめぐる諸問題がかなりクセ者でして・・・ビザを入手して渡英するために、以下の手順を踏みます。

 

  1. 志望校からCASをもらう
  2. ビザ申請とともに、イギリスの国民保険料を支払う
  3. 約3週間待つ(追加費用を支払えば約1週間に短縮される。コンサルタントに要確認)
  4. ビザが発行される
  5. 航空券を押さえたり、海外旅行保険に加入したりする
  6. 日本を出国、いざ留学へ!

 

さて、皆さんに質問です。今年の秋留学を希望している方々、もう1~3を済ませましたか?

もし9月上旬に現地に行きたいのでしたら、8月中旬までには上記1~3を「ミスなく」済ませなければなりません。お気を付けください。

 

イギリスのビザ手続きは諸外国と比べて ”かなり” 面倒であるため、心が折れそうになる方が毎年数多くいらっしゃいます。

移民問題に悩むイギリスでは、現地で留学ビザに変更させてくれません。

「現地に行ってからどうにかしよう」との考えからとりあえず渡英しても、ビザステータスを「長期留学生ビザ」に変更するためには、結局わざわざ一旦母国に帰国し、ビザ申請を母国で行い、ビザを入手してから再び渡英しなくてはなりません。

さらに、イギリスは頻繁にビザ申請の条件が変わるため、正しい最新情報のみを集めてから申請する必要があります。

日本にいるうちにミスなくビザを入手したいものです。

 

ビザ申請についてご質問やご不安がおありの方、最新情報をお知りになりたい方、日本にいらっしゃるうちに何なりとお問い合わせ下さい。

 

※ 今年の秋留学を考えている方、ビザ申請に失敗したり再挑戦したりする時間がありませんので、失敗を避けるためにもぜひ一度ビザセミナーにお越しください。

 

UK University Events ニュースへ戻る

  ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願時にSI-UKのチームからいただいたアドバイスやサポートに心から感謝しています!多くの質問に丁寧に答えてもらい安心しました。また、出願後のステータスアップデートも頻繁にしてもらえました。私はスタンダード・サービスを利用しました。お勧めします!  

中田まる子さん ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) 経済学修士課程

  • university-college-london
  • manchester
  • University of Birmingham
  • sheffield
  • southampton
  • manchester
  • exeter
  • cardiff
  • warwick
  • loughborough
  • edinburgh
  • bristol
  • lancaster
  • durham
  • bath
  • york
  • st-andrews
  • sussex
  • nottingham
  • aberdeen