【UCA芸術大学】オスカー賞ノミネート作品で、卒業生が活躍 | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【UCA芸術大学】オスカー賞ノミネート作品で、卒業生が活躍

2019年2月26日

3月12日 (火) SI-UK東京オフィス個別相談会が行われるUCA芸術大学 (University for the Creative Arts) 。そのファーンハム(Farnham)キャンパスで学んでいたMark Waringは、ウェス・アンダーソン監督作品、犬ヶ島(Isle of Dogs)オスカー賞に4回目のノミネートをされました。このアニメ−ション映画は、BAFTAにもノミネートされています。この映画は、未来の日本で彼の犬の仲間、スポットを探しに行く迷い犬アタリの物語です。

Mark Waringは、合併されUCA芸術大学 (University for the Creative Arts)となる以前の大学、West Surrey Art and Designから1989年にBA(Hons)Animationコースを卒業し、この映画のアニメーションディレクターを務めました。Mark Waringが取り組んできた映画がオスカーのノミネートを受けたのは、これで4回目です。他の作品はティム・バートンのコープスブライドファンタスティック Mr.FOX、そしてフランケンウィニーです。

彼は、次のように述べています。「この犬ヶ島は、リーダーシップ、権威、動物の虐待、個人や集団の扱いなど、様々なテーマを含んだ、新しい作品です。とても深い意味を持つ物語ではありますが、また1人の男の子と彼の犬の素晴らしい冒険物語としても完璧に作られています。」

またBA(Hons)Hand Embroidery(手刺繍)コースの卒業生Laura BaverstockHattie McGillは、新しい映画、ふたりの女王 メアリーとエリザベス(Mary Queen of Scots)で、デザイナーAlexandra Byrneの元、チームの1員として衣装の刺繍を担当し、映画の衣装がオスカーにノミネート。このように多数のUCA芸術大学 (University for the Creative Arts)の卒業生が、世界で活躍しています!

UCA芸術大学 (University for the Creative Arts)について

UCA芸術大学 (University for the Creative Arts)はロンドンから約1時間のケント近郊のカンターベリー、ロチェスターなどに4つのキャンパスを持っています。ファインアート、ファッション、デザインの分野に人気があり、クリエイティブな分野のコースが充実しています。産業界とのつながりを大切にし、数々のデザイナーやアーティストを輩出している学校です。

312 (に行われるUCA芸術大学個別相談会

312 (SI-UK東京オフィスで行われるUCA芸術大学 (University for the Creative Arts) 個別相談会には、グラフィックデザインの講師も来日!出願書類やコースなどについて、直接お話していただけます。またポートフォリオのアドバイスも受けられます。詳しくは、➡︎こちらをチェック

この記事で取り上げた大学:

  • University for the Creative Arts

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学