【サセックス大学】開発学部が今年も世界1位に! | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【サセックス大学】開発学部が今年も世界1位に!

2019年4月16日

先日発表された、英クアクアレリ・シモンズ社 (QS) の科目別世界大学ランキング。開発学 (Development Studies) の分野では、イギリスの名門サセックス大学 (University of Sussex) が、オックスフォードやハーバードなどの世界トップ校をおさえ、3年連続で第1位に選ばれました。

科目別QS世界大学ランキングの結果

科目別QS世界大学ランキングは、学術関係者や雇用主からの評判、研究のインパクト (影響力) などの指標をもとに発表されるランキング。サセックス大学の開発学部は、コースや研究の質、幅広さ、影響力などが評価され、過去5年間で4回も世界第1位に選出されています。

開発学の分野に関連するさまざまなコースを提供しているSchool of Global StudiesのElizabeth Harrison氏は、「サセックス大学の学部大学院修士課程で提供しているコースの内容は、国や人不平等、社会正義などに対する我々の関心を反映している」と供述しています。

世界トップレベルの研究を誇るサセックス大学開発学部の学生は、卒業後の進路も実にさまざま。世界銀行や国連に就職したり、各国の政府機関において重要な役職に就いたりしています。2018年には、同学部の卒業生が、南米コスタリカの大統領に着任しました。

サセックス大学について

イングランド南部ブライトンにあるサセックス大学は、毎年数々の大学ランキングにおいて上位にランクインしている一流大学。研究機関としての評価も非常に高く、教授陣にはノーベル賞受賞者やロイヤル・ソサエティ (イギリスの王立科学学会) のメンバーが名を連ねています。

サセックス大学の開発学部では、学士号修士号が取得可能。2019年からは、完全にオンラインで学べる修士課程コースも開講され、世界のどこにいても学べるようになりました。

サセックス大学の開発学部がおすすめな理由は、こちらのブログ記事に詳しく書かれているので、あわせてご覧ください。
【サセックス大学】の国際関係学部がおすすめな5つの理由

イギリス留学のご相談はSI-UKへ

留学エージェントSI-UKでは、イギリスおよびアイルランドの大学 (院) 留学に関するご相談を随時承っております。SI-UKの無料出願サービスは、無料で最大5校 (あるいは5コース) まで出願が可能。東京大阪にオフィスがあるほか、遠方にお住まいの方はSkypeや電話によるご相談も承っております。

まずはSI-UKの無料コンサルティングをご予約ください!

この記事で取り上げた大学:

  • University of Sussex

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学