【シェフィールド大学】工学分野、研究の収入と投資でイギリストップ! | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【シェフィールド大学】工学分野、研究の収入と投資でイギリストップ!

2019年6月19日

イギリス北部の名門校、シェフィールド大学(University of Sheffield)は、Higher Education Statistics Agency(高等教育統計局、HESA)による最新の統計で、インペリアルカレッジ(Imperial College London) を追い抜き、工学研究への収入と投資でイギリスのトップ大学になりました。 

シェフィールド大学(University of Sheffield)の工学は、国内外で高い評価を得ており、ボーイングやロールスロイス、ウェルカム・トラスト(イギリスを拠点とした医学研究支援等を目的とした公益信託団体)などから多額の投資があります。

2017年から2018年にかけて、世界やイギリス、そしてシェフィールドのあらゆる組織から1億2,400万ポンドという工学研究を集め、シェフィールド大学(University of Sheffield)の工学研究と教育の世界的リーダーとしての地位をさらに揺るぎないものにしました。

シェフィールド大学(University of Sheffield)の工学研究はAMRC(Advanced Manufacturing Research Center)と工学部の施設で行われます。kこの工学研究は、製造、航空宇宙、自動車、エネルギーなど、幅広い分野を網羅しています。工学研究のための投資は、この大学の研究者達が行う 最先端技術の開発と活用などに使用されます。

シェフィールド大学の工学

世界トップレベルのシェフィールド大学(University of Sheffield)の研究は、工学分野全てを網羅しています。研究型大学ラッセル大学メンバー校の中でもシェフィールド大学(University of Sheffield)は、イギリス最大の学士課程エンジニアグループを持ち、ほとんど全員が卒業生レベルの研究、または修士課程レベルの進んだ研究を続けています。

AMRC(Advanced Manufacturing Research Center)と工学部は、グローバルな企業から中小企業まで、あらゆる産業界のパートナーと協力しており、卒業しても工学の仕事に就く人々がほとんどです。学生達の重要な問題での問題解決スキルは世界やイギリスの雇用主によって、大きな需要があります。

シェフィールド大学に留学をお考えですか?

MBA、工学、開発、教育、公衆衛生学と開発などの分野に人気があるシェフィールド大学(University of Sheffield)に留学をお考えの方は、SI-UKへお問い合わせください。これから本格的に留学の計画を立てる方も、留学経験を持つスタッフが、大学選びから出願、渡航までお手伝い致します。まずは初回無料コンサルティングにお越しください。

この記事で取り上げた大学:

  • University of Sheffield

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学