【エセックス大学】ビジネススクールが実習制度のある パートタイムプログラムを今秋より開講 | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【エセックス大学】ビジネススクールが実習制度のある パートタイムプログラムを今秋より開講

2019年7月10日

エセックス大学 (University of Essex)ビジネススクールは今秋より、働くビジネスマンに向けて、新しいパートタイムの職業教育制度プログラムを開講します。

Master of Business Administration (MBA、経営管理学修士号) の資格が取得できる、この2年間のapprenticeship programme(職業教育制度プログラム)は、10月に始まり、二度目の開講は2020年の1月に予定されています。働いている人々が、政府が授業料を支払うことによって、昼間の仕事を続けながらパートタイムで勉強することができます。

エセックス大学 (University of Essex)MBAプログラムのディレクターであるNicolas Forsans教授は

「イギリス政府は、意味のある資格を得るための方法として実習制度のあるプログラムを推進しているので、300万ポンド以上の収入を持つ雇用者は、この制度を使って、管理能力やリーダーシップの才能を向上させることができます。

これは、多くのビジネスにとって本当に良い選択肢です。なぜならスタッフを育成できるのと同時に、プログラムを学ぶ雇用者も学費を払うことなく、ビジネスで成功するために必要な知識や自信、スキルを得ることができるのです。また雇用主に取っても、MBAで学んだすべてのことが職場ですぐに適用されるのは重要なメリットです。」と述べています。

SI-UKは、エセックス大学 (University of Essex)公式出願窓口として、出願から渡英までトータルサポート致します。東京、大阪のSI-UK では、MBA出願サービスもございますので、まずは初回無料コンサルティングにお越しください。

エセックス大学について

エセックス大学 (University of Essex)は、140以上の国より留学生が集まる、とても国際的な大学です。そのクオリティーの高い教育と研究には定評があり、教育の質を評価されるTEFでも最高の「金賞」を獲得しています。人気の科目は経済学、言語学、TESOL、国際関係学、政治学などです。

この記事で取り上げた大学:

  • University of Essex

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学