【アップデート】イギリスにいる留学生はファイザー/バイオエヌテックのCOVID-19ワクチンの接種対象に含まれます。

2021年1月15日

【アップデート:2021年1月15日】

留学をご検討中のみなさまやご家族の方からイギリスの最新COVID-19とワクチン摂取に関するお問い合わせを多くいただきます。SI-UKスタッフはイギリス政府、イギリス保健省、大使館からの情報、各大学から頻繁に送られてくる最新のコロナ対策情報などに常に目を通し、正確な情報を伝達できるように努めております。下記は弊社が参考にしているウェブサイトの一部です。ご参照ください。:

イギリス政府のウェブサイト

イギリスNHSのウェブサイト

UK Universities (*)のウェブサイト

(*)英国、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの140の大学から構成される大学連盟のような団体です。

ご留学予定の大学やそのロケーションなどによっても詳細が変わる場合がございますので、必ず渡航予定地域/大学の公式サイトの最新情報をご確認ください。

*********************************************

イギリス政府は、イギリス国内で勉強している留学生は今後数か月以内に全国普及予定のファイザー/バイオエヌテック新型コロナウイルスワクチンを摂取できることを発表しました。

イギリスは新型コロナウイルスのワクチン接種を承認して開始した最初の国であり(ファイザー/バイオエヌテック-これまでに製造された中で最も効果的なワクチンと言われています)、おそらく春の終わり/初夏までに全国にワクチンが普及する最初の国になるでしょう。現在、2021年9月の大学・大学院入学は学生にとって出願のプロセスは通常通り審査が行われています。また、イギリス政府は6500万人の人口に対して、3億5000万回以上のワクチンを注文しています。留学生も安定したワクチンの供給を享受することができ、安全・安心に渡英できるようになる日も近いでしょう。

イギリス保健省はThe PIE の取材に応じて、「留学生はイギリスの健康保険にアクセスのがあるのと同様の権利でワクチンの接種の権利もある」と発表しています。

イギリス政府大学担当大臣のミシェル・ドネラン氏も、今週初めに公開書簡で学生たちのこれまでの忍耐に感謝を表しました。

ドネラン氏は公開書簡の中で「みなさんが私たちと一緒にイギリスで勉強することを選んで下さったことを嬉しく思います。そして将来、私たちの世界レベルの大学にさらに多くの学生たちを迎えることができるのを楽しみにしています」そして「現在あなたがすでに選んだ大学キャンパスにいる場合でも、母国からオンラインで勉強しているの場合でも、将来の留学を検討中の場合でも、この困難な時期にサポートとガイダンスを提供したいと思い、直接みなさんに手紙を書いています。」と述べています。

イギリス留学をご検討中ですか?ご質問はお気軽に無料カウンセリングで経験豊かなSI-UKコンサルタントにお問い合わせください。人生の貴重な経験のプロセスを是非私たちにサポートさせてください!

UK University Events ニュースへ戻る

  ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願時にSI-UKのチームからいただいたアドバイスやサポートに心から感謝しています!多くの質問に丁寧に答えてもらい安心しました。また、出願後のステータスアップデートも頻繁にしてもらえました。私はスタンダード・サービスを利用しました。お勧めします!  

中田まる子さん ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL) 経済学修士課程

  • university-college-london
  • manchester
  • University of Birmingham
  • sheffield
  • southampton
  • manchester
  • exeter
  • cardiff
  • warwick
  • loughborough
  • edinburgh
  • bristol
  • lancaster
  • durham
  • bath
  • york
  • st-andrews
  • sussex
  • nottingham
  • aberdeen