【ロンドン大学ゴールドスミス】卒業のアーティストが2018年ターナー賞受賞! | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【ロンドン大学ゴールドスミス】卒業のアーティストが2018年ターナー賞受賞!

2019年1月8日

SI-UK東京オフィス 1月22日 (火) に、ポートフォリオ相談会が行われるロンドン大学ゴールドスミス (Goldsmiths, University of London)。この大学はイギリスの数あるアート大学でも常にトップクラスです。ファインアートの分野では90年代よりダミアン・ハーストを筆頭に、数々の著名なアーティストが卒業しています。

そして2018年も国際的にも名高いターナー賞をロンドン大学ゴールドスミス (Goldsmiths, University of London)卒業生のシャーロット・プロジャーが受賞しました!彼女はこの大学の卒業生、スタッフの中から8人目のターナー賞受賞者となりました。ターナー賞は50歳以下のイギリス人またはイギリス在住のアーティストに対して贈られる世界的に知られる賞で、イギリスのテート美術館が組織しています。

今年のターナー賞を受賞したシャーロット・プロジャーは2001年にロンドン大学ゴールドスミス (Goldsmiths, University of London)を卒業しました。その後グラスゴーを拠点とし、多数の映像作品を制作。彼女の作品は、古いビデオカメラからiPhoneまで、幅広いテクノロジーを駆使しながら、 LGBT、風景、テクノロジー、そして時間などのテーマの関係性を探求する複雑なストーリーを作り上げています。

ゴールドスミスの学長は、「今年のターナー賞を卒業生シャーロット・プロジャーが受賞し、大学が世界的に著名なアート賞との密接な関係性を保っていることは大きな誇りです。この彼女の受賞が次世代の若手アーティストにアートが何か、またどうあるべきかの境界線をさらに広げるきっかけになることを願っています。」と述べています。

ロンドン大学ゴールドスミスとは

ロンドン大学を構成するカレッジの1つロンドン大学ゴールドスミス (Goldsmiths, University of London)は、アートと社会科学の分野で定評があり、アートやメディア、音楽、映画などの分野が人気です。アート系の専攻は多数開講されており、国際的にも高い評価を受けています。多数の素晴らしい美術館を持つ、イギリスアートの中心地ロンドンで学びませんか?

ゴールドスミス校の講師によるポートフォリオ相談会

1月22日(火)に、SI-UK東京オフィス で行われるポートフォリオ相談会ではロンドン大学ゴールドスミス (Goldsmiths, University of Londonの学部課程 BA (Hons) Fine Artに留学をお考えの方を対象に、このコースを指導するJackie Pennell講師が皆様のポートフォリオを見ながら、良いポートフォリオの作り方について直接アドバイスをするグループ形式のポートフォリオ相談会を行います。アート大学に進学するなら良いポートフォリオ制作は必須。ゴールドスミスFine Artコースへ進学をお考えの方は、このチャンスをお見逃しなく!

ロンドン大学ゴールドスミスへの留学をお考えですか?

東京(目黒)、大阪(梅田)SI-UKでは、アート留学を目指す方へアート&デザイン出願サポートを行っています。イギリス留学経験のあるコンサルタントが皆様のイギリスアイルランドの美大への出願手続きを、サポート致します。またイギリスのアートスクールで教鞭をとる現役の講師・アーティストポートフォリオのアドバイスも行います。先ずはお気軽にSI-UKまでお問い合わせください! 

この記事で取り上げた大学:

  • Goldsmiths, University of London

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学