イギリスで音楽学を学ぶ

音楽学とは

イギリスは、ポップミュージック・ブームの過去60年の間に、ビートルズ、ローリングストーンなど世界的に有名なミュージシャンを排出し、音楽の遺産を築いてきました。20世紀、歌手やバンドの認知度を世界的に高めたイギリスは、ヨーロッパの音楽市場を独占してきました。今日でもイギリスの音楽産業が生み出した曲は、世界中の都市で流れています。

イギリスの音楽史が、文化的、歴史的に多様性に富み、多きな影響力を持ってきたことを考えると、音楽を学びたい人は人生で一度はイギリスで本場の音楽に触れるのが自然な流れなのかもしれません。イギリスの学位では、学生は1つの専門分野を基礎から学ぶことができ、著名なミュージシャンがセミナー、講義、実践授業に来校することが頻繁にあります。

音楽学卒業後のキャリア

イギリスの大学で音楽コースを修了すると、専門分野により様々な雇用の機会があります。音楽産業内では、技術者、サウンドエンジニア、プロデューサーなどの職種があり、常に需要があります。またこれらの職種はフリーランスであることも多いです。音楽制作で身に付くスキルは放送や映画製作など他のメディアの分野でも活かすことができます。

演奏を専門にして音楽コースを卒業した学生にはレコーディングアーティストとしてキャリアを積む、オーケストラに入る、 あるいはセッション・ミュージシャンとして活動を行うなどの選択肢があります。音楽民俗学や芸術心理療法などの専門分野での雇用機会もあります。

イギリス大学の音楽コースを修了した学生は教育の分野でも活躍することができます。在学中に身に付けたスキルはとても重視され、音楽の楽しさを次の世代に伝えることに貢献できます。 職種に関わらず、イギリス大学の音楽コースを修了した学生が身に付けた技術的な専門知識と制作技術は高く評価されています。

音楽学コースの入学条件

音楽を学ぶための特定の条件はありませんが、それまでに音楽を専攻したことがあり、良い成績を修めていると出願の際に有利になるでしょう。

一般的に、留学生が学士で音楽を学ぶ場合、IELTS のスコアは 6.0、4つのセクション(リーディング、ライティング、スピー キング、リスニング)すべてで 5.5 以上が求められます。

IELTS のスコアを上げる必要があるようでしたら、お問い合わせは今すぐ。リーディング、ライティング、リスニング、スピ ーキングのスコアアップのため、様々な英語コースを開講しております。

イギリスで音楽を学べる大学トップ10

  1. University of Southampton (サウサンプトン大学)
  2. University of Surrey (サリー大学)
  3. Royal College of Music (ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック)
  4. University of Glasgow (グラスゴー大学)
  5. Durham University (ダラム大学)
  6. University of Birmingham (バーミンガム大学)
  7. Guildhall School of Music and Drama (ギルドホール・スクール・オブ・ミュージック・アンド・ドラマ)
  8. University of Bristol (ブリストル大学)
  9. University of Manchester (マンチェスター大学)
  10. Royal Academy of Music (ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージック)

(2020年度ガーディアン紙発行大学ガイド発表)

SI-UK 出願サポートサービス

詳細につきましては、イギリス留学サポートの経験豊富なコンサルタントにぜひご相談ください。コンサルティングのご予約は今 すぐ。コンサルティング(無料個別相談)詳細・予約

SI-UKでは、早くて効率の良いサービスを安心して受けることができました。手続きの中で、留学コンサルタントはイギリスやアイルランドの大学と密接に関わる、留学のプロであることを実感しました。アドバイスを受けながら出願準備をサポートしていただいたおかげで、トップ校から合格をもらうことができました!

Carla Termini さん、キングス・カレッジ・ロンドン

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学