イギリス留学 薬学  | 留学エージェントのSI-UK

イギリスで薬学を学ぶ

薬学を修得するための大学入学条件、学費、滞在方法

イギリスの薬学コース

薬学とは

科学に興味があり、医薬品が患者の症状を緩和する仕組みに 関心がある学生にとって、薬学の分野での仕事は適切なキャリア パスでしょう。地域の薬局に勤務し、一般開業医から処方された 薬の調合を行う、あるいは総合病院にて医師や看護師、そして患 者が正しいアドバイスや援助を確実に受けられるようにするなど、 薬学でのキャリアは健康や疾患、科学に関心がある人にとって理 想的です。

薬学でのキャリア

薬学を学ぶと、主に 3 つの役割を担うことができます。

薬剤師:薬剤師として働いている人の大部分は総合病院の薬 剤部、地域の薬局(市販薬が正しく処方されているかを確認する) または医師、看護師、その他の医療専門家と連携して行う一次医療などで活躍しています。治療や、服用量の管理方法などについ てアドバイスを行うと共に、患者が確実に正しい医薬品を受け取 れるようにします。

薬剤師アシスタント:薬剤技師であると同時にアシスタント としての職務も行い、必要に応じて多くの作業を行います。処方 箋に従って薬剤を処方し、様々な診療科が必要とする薬の在庫を 確保することで不足することがないようにします。またお客様か らの質問に適切に答えることも職務になります。

薬剤技師:薬剤技師は病院や地域の薬局、主にこの 2 つの分 野で働く傾向が高いです。正しい薬剤が正しい服用量で提供され ているかを確認するのが重要な職務です。薬剤技師はこの他にも 製薬、品質管理、臨床試験など様々な役割を担います。

薬学の入学条件

入学条件は、薬剤技師、アシスタント、薬剤師など、何にな りたいかによって変わります。しかし最低限、数学、英語、理系 の科目(少なくとも 1 教科)の資格を持っていなければなりません。薬剤師になるためには 5 年間のトレーニングが必要で、その うちの 4 年間は薬剤修士を修了するために大学に通うことになり ます。

一般的に、留学生が学士で薬学を学ぶ場合、IELTS のスコア はオーバーオールで 7.0、4 つのセクション(リーディング、ライ ティング、スピーキング、リスニング)すべてで 6.5 以上が必要 です。

IELTS のスコアを上げる必要があるようでしたら、お問い合 わせは今すぐ。リーディング、ライティング、リスニング、スピ ーキングのスコアアップのため、様々な英語コースを開講してお ります。

イギリスで薬学を学べるところ

薬学で有名なイギリス大学の詳細についてはイギリス大学薬 学学科ランキングトップ 10 をご参照ください。

ケンブリッジ大学への出願サポートをご希望でしたら、 SI-UKプラスをご利用ください。世界最高峰の大学に、万全な準備 を整え出願することができます。

SI-UK の出願サポートサービス

詳細につきましては、イギリス留学サポートの経験豊富なコンサルタントにぜひご相談ください。コンサルティングのご予約は今 すぐ。コンサルティング(無料個別相談)詳細・予約

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool