イギリス留学 法修士  | 留学エージェントのSI-UK

イギリス大学で法修士を学ぶ

法修士を学ぶための大学入学条件、学費、滞在方法

イギリスの法修士

法修士とは

LLM(法学修士)は Latin Legum Magister (ラテン語で法学 修士)の略です。法学部卒業生や開業弁護士が、税法、環境法、雇用 法といった特定の専門分野を学べるように構成されている修士課程で す。通常1年間で修了します。

LLM で実際に学べる科目には様々なものがありますが、ほとん どの法科大学院はそのなかでも限られた科目のみを扱っています。ですから、どの科目を学びたいかによって大学を選ぶことをお勧めしま す。人気が高い科目には税法などがあります。LLM で学ぶことによ り競争力が身に付き、新たな分野を開拓する機会や現在の仕事の中で 方向性を転換する機会を得ることができます。

法修士のキャリア

LLM の修了後、必ず法律の専門家にならなければならないとい う訳ではありません。LLM の学位を取得すると以下のような職業で 現在取得している学位をより活かすことができます。

    法廷弁護士
    弁護士
    公認の法律専門家(Chartered legal executive)
    公認会計士
    特許弁理士
    人事担当者

法修士の入学条件

卒業後、法律関係の専門家にならなければならないということ はありませんが、イギリスのほとんどの LLM コースは既に法学位を 取得している人を対象に開講しています。例外としてまれに、法学位 を取得していなくても入学を検討してもらえることがありますが、そ の場合には学士の学位と関連分野での豊富な経験が必須となります。 このコースでは英語が堪能でなければいけませんので、求められる IELTS のスコアは一般的に 7.0 となっています。

IELTS のスコアを上げる必要があるようでしたら、お問い合わ せは今すぐ。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキン グのスコアアップのため、様々な英語コースを開講しております。

イギリスで法修士を学べるところ

オックスフォード大学やケンブリッジ大学、ロンドン・スクー ル・オブ・エコノミクス、キングス・カレッジ・ロンドンへの出願サ ポートをご希望でしたら、SI-UK のオックスブリッジ・サービスをご 利用ください。世界最高峰の大学に、万全な準備を整え出願すること ができます。

SI-UK 出願サポートサービス

詳細につきましては、イギリス留学サポートの経験豊富なコンサルタントにぜひご相談ください。コンサルティングのご予約は今すぐ。コンサルティング(無料個別相談)詳細・予約

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool