イギリス留学 建築・環境デザイン  | 留学エージェントのSI-UK

イギリス大学で建築・環境デザインを学ぶ

建築・環境デザインを学ぶための大学入学条件、学費、滞在方法

イギリスの建築・環境デザインコース

建築・環境デザインとは

環境問題の基本原理を学ぶことは、専門性が高い建築・環境デザイン分野の建築家になるために欠かせません。既存の建造物、講義、セミナー、デザインのクラス、インターンシップを通じて環境問題の基本原理の知識を深めます。

21 世紀、最高水準の建築物や再生可能エネルギーの需要はこれまでになく高まっています。この学位を取得することで、建築の中でも急成長している分野に携わることができます。建築・環境デザインには、デザインを通じて世の中を変えることが期待されています。この学科では効率的に調査、分析、情報解釈を行う方法、設計図の作成方法、グラフィックデザインの活用方法や、その地域がかかえる問題、複雑な環境問題にどのように取り組むかについて学びます。

建築を学ぶためには、まずは 3 年間の学士過程で建築学を専攻していなければいけません。学士で建築を専攻していると RIBA(王立英国建築家協会)の会員になることができます。大学によって進学の制度は異なりますが、学士取得後、2 年間の BArch(建築学の学士号)、ディプロマコースあるいはマスターマーチ(建築学の博士号)と続きます。また、最終試験の前に 2 年間の職業訓練があります。

建築・環境デザインのキャリア

建築・環境デザインの学位を取得するとプロの建築家になるために必要な技術だけでなく、環境デザインという専門性を得ることができます。ほとんどのプログラムは公的な場所や個人の土地、室内や屋外などのデザインや設計を行う力がつくように構成されています。

キャリアの例

  • 地域開発や経済開発
  • 環境問題対策や環境マネジメント
  • 歴史的に重要な遺跡の保護
  • 都市開発
  • 都市計画や地域計画

建築・環境デザインの入学条件

学校で学ぶ科目の多くは建築学との関連性がありますが、理想を言えば中等教育でアートと科学を融合して学んでいると良いです。数学とアートの科目で優秀な成績を修めていると有利になりますし、その知識を活かしてフリーハンドでのデッサンや設計、3D画像の作成などを楽しめると思います。

ポートフォリオはどの学校でも必要になりますので、今までの作品をすべて集めておきましょう。作品はあなたの創造性、独創性、テーマに対する興味や熱意を表すためのものです。

一般的に、留学生が学士でアニメーションを学ぶ場合、IELTS のスコアはオーバーオール 6.5 以上、4 セクションすべて(リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング)で 5.5 以上が必要です。

IELTS のスコアを上げる必要があるようでしたら、お問い合わせは今すぐ。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのスコアアップのため、様々な英語コースを開講しております。

イギリスで建築・環境デザインを学べるところ

建築・環境デザインで有名なイギリス大学の詳細については、下記の建築・環境デザイン学科イギリス大学ランキングトップ 10 をご参照ください。

ケンブリッジ大学やユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願サポートをご希望でしたら、SI-UK のオックスブリッジ・サービスをご利用ください。世界最高峰の大学に、万全な準備を整え出願することができます。

SI-UK の出願サポートサービス

詳細につきましては、イギリス留学サポートの経験豊富なコンサルタントにぜひご相談ください。コンサルティングのご予約は今すぐ。コンサルティング(無料個別相談)詳細・予約

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool