立地

 Location

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)へ留学しよう

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)はロンドン大学に所属しておりアジアやアフリカ、中近東のアート、人文科学、言語、文化、法律学、社会科学に特化しています。1916年に創立され、現在は130以上もの国々から5,500人を超える学生が在籍しています。在学生の50%以上が留学生という世界でも留学生の割合が高いことで注目されています。また、過去5年間の大学ランキングではイギリス国内10位内にランクインしていて、国家元首や、最高裁判所裁判官やノーベル賞受賞者なども多く輩出している名門大学です。ロンドンは留学先として最も人気のある都市の一つです。メイン・キャンパス(ラッセル・スクエア・キャンパス)は、ロンドン中心部のブルームズベリーにあり、大英博物館や大英図書館などのすぐそばにあり、この一帯は緑あふれる公園が多いことで知られており、ロンドン中心部で最も美しいエリアの1つであり、充実した留学生活を送る最適な環境です。

学部短期留学プログラム(Study Abroad Programme)

このコースは、1年間(9月~6月)、または、9月~12月、1月~6月のどちらか1ターム間の留学が可能です。この期間にはSOAS大学のモジュールを受講します。基本的に英語コースは含まれていませんが、必要に応じて学内英語コースも提供しています。英語力が入学条件に及ばない場合は、入学前に英語コースを行う必要があります。

プログラム内容・選択科目

短期留学プログラムでは、SOAS大学の提供するモジュールから4つの専攻科目を選ぶことができます。ほとんどのモジュールは短期留学生にも適応しますが、学部により、いくつか専攻できないモジュールがありますのでご確認ください。

【人気専攻科目一例
国際開発学、政治・国際学、ファイナンス、マネジメント、南アジア学、東南アジア学、中国&中部アジア学、日本&韓国学、宗教学など、SOAS大学独自のモジュールから専攻分野を選ぶことができます。
これらの他にも多数の専攻科目があります。詳しくはSI-UKまでお問い合わせください。

短期学部留学入学条件

1. 日本の大学でGPA3.0以上の成績(場合によりGPA3.3要)
2. 英語力:学部課程スタートの場合:IELTS 7.0
英語コースからスタートの場合:IELTS 6.0~6.5
※コースの開始時期、英語コース期間によりIELTS条件が異なりますのでSI-UKまでご確認ください。

コース期間

コース期間は下記の通りです。

  1. 一年間留学:9月~6月
  2. Autumnタームのみ:9月~12月
  3. Autumn & Springタームのみ:1月~6月
  4. 英語コースからスタート:プレセッショナルコースを学部課程の前に受講することも可能です。

学費

1年間:£16.575
9月~12月:£8.288
1月~6月:£9,945
上記の他に、英語コースの学費は別途となります。英語コース費用は期間により異なりますのでSI-UKにてご確認ください。

日本からの短期留学生の声

「わたしは、SOASの独自性に魅かれてこの大学を選びました。SOASは、学問、社交の両方の面において非常に独特の環境を留学生に提供しています。」(早稲田大学からSOASへの短期留学)

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool