イギリスでTESOLを学ぶ  | 留学エージェントのSI-UK

TESOL(英語教授法)

イギリスの大学・大学院でTESOL (英語教授法)を学ぶ

イギリスでもっとも人気の専攻の一つ、TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)。英語を母国語としない人々に効果的に英語を教える方法のことで、ほとんどの大学では修士レベル(フルタイムの場合は1年、パートタイムの場合は2年)のプログラムを提供しています。将来、英語教育に携わりたい、英語教師になりたいと思っている方にぴったりのコースです。

TESOLとは

TESOLコースでは、英語を言語として研究するとともに、言語を学習する過程や、「教える」ということ自体について理論と実践の両面から学びます。英語の4つの基礎スキル(リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング)に加え、英語を習得するうえでカギとなる文法や語彙などの教え方を身につけられます。

卒業後の進路

TESOL認定英語講師の需要は非常に高く、資格取得後は就職のチャンスがぐっと広がります。英語講師としてさまざまな国で教えられるので、旅行がお好きな方には特におすすめ。仮に英語講師の道を選ばなかったとしても、TESOLや言語学のコースを受講して得た分析力や異文化理解力はさまざまな職場で重視されます。

TESOLコースの卒業生の多くは、母国に帰って英語を教えています。イギリスでTESOLを学び、本場の文化を体験することも、英語講師としての魅力につながります。

イギリスの大学院でTESOL取得を検討中の方へ

SI-UKでは、皆さまの留学の目的やご希望に応じて、最適なコースをご紹介いたします。イギリスの大学のTESOLコースの最新情報を、プロの留学コンサルタントがご案内いたします。

イギリスでTESOLを学べる大学

ブリストル大学

ブリストル大学は、世界でもっとも影響力のある大学の一つとして国際的に認められています。卒業後の就職実績に関しても評価が高いです。

エジンバラ大学

エジンバラ大学は1583年の創立以来、スコットランドの教育と研究の中心的な役割を果たしてきました。イギリスでもっとも歴史ある大学の一つで、世界的にも有名な名門校です。

エセックス大学

リサーチ(研究)を重視した授業が特徴のエセックス大学。政治や法律、ビジネス、生物科学、コンピューターサイエンスなど、さまざまな専攻コースを設置しています。

キングス・カレッジ・ロンドン

キングス・カレッジ・ロンドン(KCL)は、1829年にジョージ4世とウェリントン公爵によって設立された、イギリスで3番目に歴史のある大学です。

アストン大学

アストン大学はビジネススクールが特に有名。なかでもMBAコースは、世界的なMBA認証機関であるAMBA、AACSB、EQUISによる認証をすべて受けており、世界でトップ1%に入る名門です。

バース大学

イギリストップ大学の一つであるバース大学。マネジメントスクールは特にレベルが高く、なかでもMBAコースは、英経済専門誌による世界MBAランキングでトップ100にランクインしており、世界的に有名です。

ノッティンガム大学

ノッティンガム大学は、マレーシアと中国にもキャンパスを持ち、「イギリス内でもっとも国際的な大学」と英タイムズ紙に評価されています。世界大学ランキングでも常に上位にランクインしている名門校です。

シェフィールド大学

世界トップ1%にランクインしている大学の一つ、シェフィールド大学。留学生は約150か国から集まっており、非常にインターナショナルな雰囲気です。

ヨーク大学

ヨーク大学は、英タイムズ・ハイヤー・エデュケーションと英サンデー・タイムズ紙により、University of the Year(年間最優秀大学)に選出されたことのある名門大学です。

イギリスの大学院でTESOL取得を検討中の方へ

TESOLは、近年もっとも人気が高まりつつある分野の一つ。SI-UKの無料留学コンサルティングを通して、イギリスのそれぞれの大学の特色や、TESOL取得の最新動向について情報収集をしましょう!

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学