イギリス留学 バイオテクノロジー  | 留学エージェントのSI-UK

イギリス大学でバイオテクノロジーを学ぶ

バイオテクノロジーを学ぶための大学入学条件、学費、滞在方法

イギリスのバイオテクノロジーコース

バイオテクノロジー(応用生物工学)コースとは

バイオテクノロジーではバイオシステムの制御や意図的操作を行うことで抗生物質、工業用化学品、遺伝子組み換え作物などの製品を造ります。この学部ではバイオテクノロジーの分野で成功するために必要なトレーニングを積み、技術や知識を習得できます。

イギリスは世界でも生命科学を学ぶのに最適な場所であり、何千人もの留学生が、一流の学術研究員や最新の設備を求め集まっています。

イギリスには約 450 ものバイオテクノロジー企業があり 21,000人ほどの従業員が働いています。イギリスの企業は、バイオテクノロジーの医薬品開発でヨーロッパの製品シェアのうち 35%を占めており、後期臨床試験の段階に入った新薬の 41%を閉めています。多くの大学がサンドウィッチ制度(大学を 1 年休学し、自分の専攻の産業でインターンシップを行う制度)を行っており、アステラゼネカ、アビシア、グラクソ・スミスクライン、ユニリーバ、シンジェンタのような世界を牽引する企業でインターンシップができます。これらの企業はすべてイギリス国内の大学と提携しています。

バイオテクノロジーを学んでいると食品や医薬品、環境など科学のどのような分野であってもキャリアを積む上で強い基盤となります。すべてのプログラムでバイオテクノロジーの実践や理論を学ぶことができます。

コース内容

  • バイオテクノロジーとマネジメント
  • 環境バイオテクノロジー
  • 生命科学
  • 食品バイオテクノロジー
  • 生体医学
  • 医療や苦学
  • 生物化学
  • 創薬
  • 分子生物学
  • 細胞生物学
  • プロテインとエンザイム
  • 遺伝子とゲノム解析
  • プロテインの構造と作用
  • 免疫学
  • 生物化学工学と化学工学

バイオテクノロジーでのキャリア

バイオテクノロジーを学ぶと分子生物学、遺伝子学、生物化学、創薬、免疫学、またその他の科学分野などで、様々なキャリアの可能性が広がります。以下のような分野に携わることができます。

  • バイオプロセス工学とバイオプロセス開発
  • ファーメンテーション(発酵)学の科学者
  • 遺伝子操作と遺伝子工学
  • プロテイン工学 ダウンストリーム処理
  • 細胞培養
  • バイオテクノロジー製造
  • 品質保証
  • 創薬と食品生産

バイオテクノロジーの入学条件

化学と、数学を学んでいることは必須です。一般的にはこの他にもう 1 科目、理系の科目を学んでいなければなりませんが、必須ではない大学もあります。化学と、理系の科目を 2 つ学んでいると良いでしょう。

一般的に、留学生が学士でバイオテクノロジーを学ぶ場合、IELTS のスコアはオーバーオール 6.5 以上、4 セクション(リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング)すべてで6.5 以上が必要です。

IELTS のスコアを上げる必要があるようでしたら、お問い合わせは今すぐ。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのスコアアップのため、様々な英語コースを開講しております。

イギリスでバイオテクノロジーを学べる場所

バイオテクノロジーで有名なイギリス大学の詳細についてはイギリス大学バイオテクノロジー学科トップ 10 ランキングをご参照ください。

オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、キングス・カレッジ・ロンドンへの出願サポートをご希望でしたら、SI-UK のオックスブリッジ・サービスをご利用ください。世界最高峰の大学に、万全な準備を整え出願することができます。

SI-UK 出願サポートサービス

詳細につきましては、イギリス留学サポートの経験豊富なコンサルタントにぜひご相談ください。コンサルティングのご予約は今すぐ。コンサルティング(無料個別相談)詳細・予約

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool