イギリス留学 建築学  | 留学エージェントのSI-UK

イギリスで建築学を学ぶ

建築学を学ぶための大学入学条件、学費、コース情報

イギリスで学ぶ建築学

建築学とは

建築とは建築物の建設を行う際の設計や技法のことです。プロの建築家になると、素晴らしい外観をデザインするだけでなく、実用的かつ機能的で安全であり耐久性に優れた設計を考えなければなりません。

建築学に注力しているイギリス大学の多くは、技術的な設計に関する科目だけでなく、文化や歴史の科目もあります。建築家という職業のすべての要素を最高の学習法で学ぶため、歴史や理論の講義はアートや3Dデザインと共に行われます。

建築を学ぶためには、まずは3年間の学士過程で建築学を専攻していなければいけません。学士で建築を専攻しているとRIBA(王立英国建築家協会)の会員になることができます。大学によって進学の制度は異なりますが、学士取得後、2年間のBArch(建築家の学士号)、ディプロマコースあるいはマスターマーチと続きます。また、最終試験の前に2年間の職業訓練があります。

建築のキャリア

最短5年の学びを終えた後、建築学部の卒業生は建築、建築技術者、インテリア・デザインなどを含む多くの進路が開かれます。予算、安全、建築法規、計画法などの問題分析、建築測量、歴史的建築物の保存、構造エンジニア、都市計画、造園建築など、幅の広い職業への選択支があります。

建築学科のへの入学条件

建築学部へ出願する以前に、アート、デザイン、数学を学んでいることが有利となります。それらの知識は、フリーハンドでのデッサンや設計、3D画像の作成などの取り組みに役立ちます。ポートフォリオは、どこの大学でも必要で、入学オファーを取得する決め手となります。

  • 国際バカロレア:最低 32 ポイント
  • Aレベル:AAB(アート関連・理系科目の両者、筆記能力)
  • IELTSスコア:オーバーオール 6.5(全4セクションが6.0以上の必要があります)

上記は通常の入学必要条件ですが、大学により条件は異なります。

IELTSは、試験のスキルを要する英語能力テストです。コツをつかんで練習を重ねることで確実にスコアアップを望めるIELTS試験。ぜひSI-UKのIELTSセンターにてIELTS試験対策コースを受講ください。IELTS模擬試験でレベルチェックを行い必要なスキルの向上に向けてレッスンを組んでいきます。詳しくはSI-UK語学センターまでお問い合わせください

イギリスで建築を学べる大学

建築で有名なイギリス大学の詳細については、2018年英ガーディアン紙による建築学科イギリス大学ランキングトップ10をご参照ください。

  1. University of Cambridge(ケンブリッジへ大学)
  2. University of Bath(バース大学)
  3. University College London(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)
  4. University of Sheffield(シェフィールド大学)
  5. University of Nottingham(ノッティンガム大学)
  6. University of Huddersfield(ハダーズフィールド大学)
  7. Queen's University, Belfast(ベルファスト・クイーンズ大学)
  8. Cardiff University(カーディフ大学)
  9. University for the Creative Arts(クリエイティブアーツ大学)
  10. University of Kent(ケント大学)
(ケンブリッジ大学、または、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンへの出願をご希望の方には、SI-UKのオックスブリッジ出願サービスをおすすめしています。イギリスのトップ大学へ出願する方を対象としたサポートで、必要書類のチェック、志望動機書の添削、オクスブリッジ面接練習などを行います。)

SI-UKの出願サポートサービス

建築学にご興味のある方は、無料コンサルタントへご予約ください。出願手続きプロセスについて詳しくはこちらをご覧ください。また、プレミアムサービスでは、大学からの建築学コースのオファーを保証しています。

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学