イーストアングリア大学 翻訳学 | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

特別イベントのお知らせ 「グローバルな課題としての翻訳: 急増するプロの言語学者のニーズ」

2016年3月21日

SI-UK イギリス・アイルランド留学ニュース

イギリス・アイルランド留学の最新情報をお伝え致します。

SI-UK留学フェア関連イベントのお知らせです。

Roger Baines博士は『スポーツ翻訳:多言語フットボールチームからオリンピックまで』というテーマでセミナーを行います。

東京会場 

4月1日(金) 午後7~8時

会場:SI-UK Education Council 東京オフィス

ご予約:tokyo@ukeducation.jp

 

大阪会場

4月4日(月)午後7~8時

会場:SI-UK Education Council 大阪オフィス

ご予約:osaka@ukeducation.jp

 

Roger博士とイーストアングリア大学での翻訳コースについては以下をご参照ください。

「Translation as a Global Challenge: the growing need for professional linguists」

グローバルな課題としての翻訳: 急増するプロの言語学者のニーズ

 

Dr Roger Baines, Director MA Applied Translation Studies, University of East Anglia

イーストアングリア大学、MA 応用翻訳学(修士)ディレクター Roger Baines博士

 

技術の進化に伴い、グローバル・コミュニケーションは大きく変化しました。特に、グローバリゼーションよって、空間と時間の壁がなくなりました。しかし、いまだに残る壁は、言葉の壁です。比較的に英語が世界を支配していますが、世界の人口の94%は英語を第一言語とはしておらず、全世界の75%の人は全く英語を話しません。

翻訳業界は、グローバル市場の需要に合わせて拡大し、グローバリゼーションによって恩恵を受けています。資格をもつ質の高い翻訳者の需要は着実に増え、2018年度に翻訳業界は$370億の市場になる見込みです。『Translation』でJuliane Houseが以下のコメントをしています。「翻訳は、世界経済と経済成長の根底にあります。その土地にローカライズされた、すなわち翻訳された製品をつくることは、既存の製品が新しい市場で展開し、複数の市場で、複数の言語で、同時に普及していくために必須となっています。」(2009: 80).

グローバリゼーションによってもたらされた移住の増加は、広範囲のセクターで翻訳と通訳の需要が増加している理由の一つです。スポーツ界では、エリート選手の移住とメディア報道の過熱により、通訳・翻訳の需要が拡大した興味深い業界です。これらのアスリートが、移住先の文化や言語に適応するか、コミュニケーションの手段として通訳・翻訳に頼るかの度合いが、これらの需要に影響します。多くのプロのスポーツの高度なメディア化が、コミュニケーションプロセスを極度に可視化し、通訳・翻訳業に影響を与えました。翻訳者や通訳者、メディア担当者、アスリート、ジャーナリストの間にある複雑なパワーダイナミクスは翻訳学者にとっては興味深い研究分野です。

University of East Angliaでは、応用翻訳学および異文化コミュニケーションの修士コースを提供しています。このコースでは、上記のテーマのようなものをたくさん扱います。翻訳業界をはじめ、多言語の環境でのプロフェッショナルなキャリアに備えます。

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学