【ロンドン芸術大学】QS世界大学ランキングで6位! | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【ロンドン芸術大学】QS世界大学ランキングで6位!

2018年5月13日

ロンドン芸術大学が、2018年のQS世界大学ランキングで世界で6位に選ばれました!優れたアート&デザインの教育機関として認められているこの大学は クリエイティブ産業へ優れた人材を送り出す大学として有名です。

2018年度のランキングリストは世界の959大学、7,5000人の学者そして4,0000人の雇用者などに基づいてランキングされています。

ロンドン芸術大学の卒業生達はめざましい活躍をしています。昨年ウィンブルドン・カレッジ・オブ・アート (Wimbledon College of Arts)の卒業生、Lubaina Himidが、ターナー賞を受賞し、また先月セントラル・セント・マーティンズの卒業生Richard Quinnは エリザベス女王によってブリティッシュデザイン、クイーンエリザベス2世賞を授与されました。この賞は、新進のイギリス人デザイナー「才能とオリジナリティ」を表彰されたものです。

ロンドン芸術大学は、120カ国以上の国々から18,000人以上の学生が集まる多様なアートコミュニティの本拠地となっていて、その卒業生は世界中のクリエイティブ産業に携わって働いています。

ロンドン芸術大学は、世界で最も影響力のあるアート、デザイン、ファッション、コミュニケーション、パフォーマンスなどにおける多数の著名人を輩出しており、例を挙げるとアレキサンダー・マックイーン、ステラ・マッカートニー、ジョン・ガリアーノ、ジャービス・コッカー、サーンス・テレンス・コンランなどが卒業しています。そしてロンドン芸術大学は、1984年の創立以来、ターナー賞、全受賞者の半数以上を輩出しています。 また77人のロイヤルアカデミーの会員のうち36人は、Royal Academiciansの卒業生、スタッフなどです。またブリティッシュデザイナー・オブ・ザ・イヤーの受賞者の約3分の2がこの大学の卒業生です。

この他にも数々の受賞歴を誇る大学のスタッフと学生の本拠地であるロンドン芸術大学はデザイン、ファッション、メディア、舞台芸術などの専門分野で、創造性を生かし、実践するイギリスアート教育の最前線を行く大学の1つです。

イギリス国内のみでなく、世界的にも有名なロンドン芸術大学は、6つのカレッジで構成され、数々のアーティスト、デザイナーなどを輩出してきました。イギリスだけでなく世界100カ国以上の国々の留学生が在籍し、ヨーロッパでも最大規模の芸術系教育機関のひとつです。それぞれのカレッジに特徴があり、アート、デザイン、ファッション、コミュニケーション、舞台芸術など、様々なコースが学べます。

ロンドン芸術大学に留学しませんか?

SI-UKではイギリスのアート系留学をお考えの方に、アート&デザイン出願サービスを行っております。このサービスは、人気の学校に入学するために入学審査の中で最も重要とされるポートフォリオ作成のサポートが充実しています。また学校紹介から、志望動機書、出願書類作成のサポート、そしてアート&デザインの専門講師と共にポートフォリオのレビュー(英語にて実施)など、出願の各ステップを一つひとつ丁寧にサポート致します。

ロンドン芸術大学、イギリス留学などについてご興味がある方は、ぜひ無料コンサルティングをご予約ください!

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学