【トリニティ・カレッジ・ダブリン】ファウンデーションコース受講後に進める専攻が大幅に増加! | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【トリニティ・カレッジ・ダブリン】ファウンデーションコース受講後に進める専攻が大幅に増加!

2018年10月18日

アイルランドのトップ大学として知られ、10月19日(金)SI-UKイギリス・アイルランド大学・大学院留学フェアにも参加予定のトリニティ・カレッジ・ダブリン。その提携校で提供されているファウンデーションコースを修了した後に進める専攻の数や種類が、大幅に増えました。

トリニティ・カレッジ・ダブリンのファウンデーションコース

ファウンデーションコース(International Foundation Programme)に出願し、入学が許可されると、トリニティ・カレッジ・ダブリンの学士課程プログラムへの条件付き合格(conditional offer)を取得できます。

ファウンデーションコースを所定の成績で修了すると、新年度にトリニティ・カレッジに進学できます。

ファウンデーションコースの概要

  • パスウェイ(進路)は2つ。
    Pathway Aはビジネスや法律、人文科学、社会科学。
    Pathway Bは科学、数学、ヘルスサイエンス、工学。
  • English for Academic Purposes(アカデミック英語)と数学は必須科目。
  • 必須科目以外に、2つの選択科目を受講する。
    Pathway Aはビジネス、社会学、経済学、政治学から、Pathway Bは物理、化学、生物から、大学進学後に専攻したい科目に適したものを選択する。

ファウンデーションコース修了後に進める専攻・科目

ファウンデーションコースの修了生は、2019年度から、新たに18もの専攻・科目へ進めることになりました。

Pathway A

ビジネスや経済、政治、社会学、法律、哲学、心理学、教育学などに加え、考古学や美術史、映画学、歴史学などのプログラムからも選択が可能になりました。

Pathway B

数学や物理、化学、生物学、工学、地理学、コンピュータサイエンス、薬学などに加え、環境科学、遺伝子学、動物学など選択肢が広がりました。

トリニティ・カレッジ・ダブリンについて

1592年に設立されたトリニティ・カレッジ・ダブリンは、アイルランド最古にしてトップの大学。英大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)の世界大学ランキングでは、世界で第88位に選ばれています。また、リサーチ(研究)の影響力、アカデミック・レピュテーション(学術面での評判)、国際色豊かな学習環境などの面において、アイルランドトップに輝きました。

キャンパスがあるダブリンは、アップルやインテル、グーグル、フェイスブックなど世界的IT企業が数多く拠点を構えている都市で、「アイルランドのシリコンバレー」と呼ばれています。そのため、在学中にこれらの大手企業にてが多アルバイトやインターンシップを行うチャンス々あります。

トリニティ・カレッジ・ダブリン、SI-UK大学・大学院留学フェアに参加予定!

トリニティ・カレッジ・ダブリンは、10月19日(金)に東京で開催される、SI-UKイギリス・アイルランド大学・大学院留学フェア(参加費無料、入退場自由)に参加します。

当日は、トリニティのスタッフが会場にブースを設置し、個別面談を実施。ファウンデーションコースのことはもちろん、入学条件やIELTSスコア、出願手続き、奨学金、キャンパスの様子・雰囲気など、気になることを直接ご相談いただけます。通訳サポートもありますので、英語に不安を抱えていらっしゃる方もお気軽にご参加ください。

なお、個別面談の時間は限られておりますので、ご興味のある方は今すぐ留学フェアの参加のお申し込みをお済ませください!

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学