【ロンドン大学SOAS】大学院コース奨学金のお知らせ | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

【ロンドン大学SOAS】大学院コース奨学金のお知らせ

2018年1月16日

SI-UKを通して出願する学生から人気を集めるロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOASでは、大学院コースの入学者・在籍者を対象とした奨学金を多数提供しています。今回は、日本人留学生が応募できる奨学金をいくつかご紹介。締め切りが迫っているものもありますので、今すぐチェック!

Sasakawa Postgraduate Studentship

日本財団とグレイトブリテン・ササカワ財団による奨学金。大学院レベルで日本について学習、研究する学生を対象に支給しています。

応募締め切り:2月20日17時まで(イギリス時間)
金額:£10,000(学期ごとに計3回支給。1年目のみ。2年目以降については、再度応募可)
対象・応募条件:

  • 2018年9月にMPhil/PhDコースに入学する方で、それ以前にイギリスの大学にて1年間以上の大学院レベルコースを修了された方
  • 現時点で2年間の修士課程コースに在籍されている方で、2018~2019年度が2年目の方
  • SOASでは日本をテーマに研究をすること

願書:要(成績証明書、志望動機書、CV、リサーチプロポーザル、推薦状などを提出する必要があります)

Paul Webley Alphawood Scholarships

SOASの大学院でLGBTの人権について学ぶ方を対象とした奨学金です。

応募締め切り:2月20日17時まで(イギリス時間)
金額:学費免除

対象・応募条件:

  • MA in Human Rights Law、あるいはLLM in Human Rights, Conflict and Justiceに入学する方
  • LGBTの人権保護について学び、尽力する意欲の方

願書:要(成績証明書、志望動機書、CV、推薦状などを提出する必要があります)

Awards for Fieldwork

大学院にて研究する学生のフィールドワークに充てられる奨学金。

応募締め切り:4月16日17時まで(イギリス時間)
金額:£1,000まで
対象・応募条件:

  • 7月1日~12月31日の間にフィールドワークへ出かける方
  • MPhil/PhDプログラムに在籍中の方
  • 今までこの奨学金を受給したことがない方

願書:不要(ただし、スーパーバイザーからの推薦状が必要です)

イギリスで唯一、地域研究に特化した教育・研究機関である、名門ロンドン大学SOAS。アジア、アフリカ、中近東について専門的に研究できることから、留学生の割合が約50%と非常に高く、キャンパスも国際色豊かです。中でも人類学や開発学の授業が特に人気です。キャンパスは、大英博物館やラッセル・スクエアにすぐそばにあり、大都会ならではの充実した留学生活が送れます。

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOASに留学しませんか?専攻や奨学金、出願プロセスの詳細については、SI-UK留学コンサルタントにご相談ください。SI-UKでは、無料出願サービスを提供しております!

  • グラスゴー大学 留学
  • ケント大学 留学
  • オックスフォード大学 留学
  • イースト・アングリア大学 留学
  • LSE 留学
  • キングス・カレッジ・ロンドン 留学
  • リバプール大学 留学