留学イベントに参加するメリット | 留学エージェントのSI-UK

最新ニュース 

大学関係者が登場するイベントに参加すべき理由

2017年7月17日

SI-UKでは、ほぼ毎日、留学に関する最新情報を当ニュースページでお届けしていますが、それでもやはり「対面で直接話せる留学説明会は、ニュースとはまた違ったインパクトがある」と思わざるをえません。

特に最近は、「来日イベント」や「卒業生による留学説明会」に多くの方々からご参加を頂いており、皆さん大変ご満足してお帰りになられます。

 

夏のSI-UKは「大学関係者と直接話せるイベント」が充実

7月前半は、開発学などが特に人気のバース大学UEA(University of East Anglia)の大学担当官に直接相談できる留学イベントを開催し、直前の告知だったにも関わらず満員に終わりました。

夏休みにしっかりと留学の目標を固める方々が多く、「たまたま時間があったから何となく参加した」という方々も、お互いに刺激し合える仲間を見つけてお帰りになるなど、有意義な時間だったようです。

 

また、エセックス大学の日本人教授(Dr.Chiba)が来日して下さった際には、実際にこのSI-UK東京校で、イギリス現地での授業を再現して頂きました。

Dr.Chibaは国際政治分野の教授です。参加者の中には「マネジメント分野に進学したいが、取り敢えず現地の授業を体験してみたい」との理由から、この授業に参加された方もいらっしゃいました。

そして「たとえジャンルが違っても、実際に受講したからこそ、留学生活のイメージトレーニングができた!」と、満足して帰られました。

もちろんこのような方もSI-UKは大歓迎です。ぜひ次回は皆さんも専攻分野にとらわれずに積極的にご参加ください。

 

卒業生と直接交流できる機会も 

また、KCL(キングス・カレッジ・ロンドン)の卒業生2名による留学説明会は、実際に留学を目指す方のみならず親御さんもいらっしゃり、大盛況に終わりました。

「7/15(土)KCL卒業生と本音でトーク!留学説明会」というタイトルでフェイスブックに動画を載せていますので、ぜひご覧ください。

河野円香さん (2016年卒業 専攻:MA International Relations)、原田朋実さん    (2013年卒業 専攻:MSc International Management)のお二人が、キャンパスで撮影した写真を皆さんにお見せしながら、留学生活を振り返って下さいました。

お二人がとてもフランクに「KCLでは授業で発言しないと不可(=落第)になる」「テストが終わると教授と飲み会」などとお話しすると、

参加者の方々も「寮のシャワー室は共同で使うのですか?」「海外でそのまま就職した同期はいましたか?」など、かなり本音でご質問なさり(こうした姿勢は大歓迎です)、お二人ともご質問に対して全てお答え下さいました。

イベント終了後に参加者同士で連絡先を交換し合ったり、残って卒業生にまだまだご質問なさる姿なども見られ、やはり「直接誰かに会えるイベント(しかも無料!)」は得るものが多いようです。

 

SI-UKでは様々な留学イベントを随時開催しています。

ぜひお問い合わせください!

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool