IELTS試験概要  | 留学エージェントのSI-UK

IELTS試験概要ご紹介

IELTS試験を受験される前にご確認ください。

イギリス留学にIELTSのスコアは欠かせません。スコアを0.5アップするには100時間の勉強が必要だと言われています。(英検調べ)

下記のSI-UKオリジナル漫画にて、分かりやすくご説明しております。ぜひ一度お読みになってください。

IELTSとは

IELTS

IELTSはInternational English Language Testing Systemの略です。IELTSはイギリス留学をはじめオーストラリア、ニュージーランドなどの高等教育機関に入学する際に必要なテストです。アメリカでも3000以上の大学がIELTSを採用しています。IELTSは世界135の国と地域、約8000の教育機関、国際機関、政府機関で採用されていますし、世界中の大学・大学院でIELTSのスコアを使用することができると言っても過言ではないでしょう。

IELTSの結果について

スコアは1から9まで0.5刻みのBand(バンド)と呼ばれる数字で表され Band1は全くの初心者を示し、Band9は熟達者であることを示します。レベルの高い大学院へのイギリス留学の目安としては6.5から7.0のスコアが必要です。 また、IELTSのスコアには有効期限があり、テストの結果は受験してから2年間有効です。

IELTSの種類

IELTSには、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2種類があります。いずれも、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのセクションで構成されており、リーディングとライティングに関しては、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールでは試験問題が異なります。どちらのモジュールを受験する必要があるかは受験お申し込み前に出願先へご確認ください。

IELTS アカデミック・モジュール

アカデミック・モジュールは、受験生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するテストです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの大学や大学院に出願するためには、アカデミック・モジュールのスコアが必要です。

IELTS ジェネラル・モジュール

ジェネラル・トレーニング・モジュールは受験生の英語力が、英語圏で仕事や生活をする上で必要なレベルに達しているかどうかを評価するテストです。英語圏で学業以外の研修や就労経験を行う際に必要なテストです。また、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をされる方は、ジェネラル・トレーニング・モジュールの受験が必須です。

IELTSの構成

IELTSはリスニング、スピーキング、リーディング、そしてライティングの4つのセクションから構成されています。テストの所要時間は2時間45分です。IELTSの出題パターンについて、それぞれのセクションごとに見てみましょう。

  時間 説明
Listening 30分
  • IELTSのリスニングセクションは4つのパートに分かれており、合計40問出題されます。
  • 内容は大学の講義の一部を聞くようなものから、電話のやり取りまで、多岐にわたります。
  • 録音を聞けるのは一回のみです。ただし録音が流れる前に、問題を読む時間が与えられます。
  • 問題はテストが進むにつれて難しくなっていきます。
  • 全ての問題が終了した後、答えを解答用紙に記入するための時間が10分あります。
Reading 60分
  • IELTSのリーディングセクションは3つの文章から構成されており、合計40問出題されます。
  • 文章は雑誌、ジャーナル、本、新聞などから選出されています。
  • 問題はテストが進むにつれて難しくなります。
  • リーディングセクショ ンでは答えを解答用紙に写すための時間は設けられていません。
Writing 60分
  • IELTSのライティングセクションは60分の時間内に2つのエッセイを書きます。
  • 1つ目は図または表の内容を説明するエッセイです。問題用紙に示されている図や表について自分の言葉で説明します。字数は150ワード以上です。
  • 2つ目は問いに対する自分の意見や、示された問題に対する解決策などを論述します。字数は250ワード以上です。
Speaking 14分
  • IELTSのスピーキングセクションは3つのパートから構成されています。
  • 最初のパートでは、身近な内容(自分のこと、自分の家、家族、仕事、勉強についてなど)について質問されます。
  • 次に面接官よりトピックが渡され、1、2分のスピーチを考える時間が1分間与えられます。
  • スピーチを行った後、最後にそのトピックに関する抽象的な質問が出されます。

  • Study at Glasgow
  • Study at Kent
  • Study at Oxford
  • Study at UEA
  • Study at LSE
  • Study at Kings
  • Study at Liverpool