The “Full English” Breakfast ”フル・イングリッシュ” ブレックファスト

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

The “Full English” Breakfast ”フル・イングリッシュ” ブレックファスト

休暇などでイギリスに帰ると、必ず一回は「フル・イングリッシュ・ブレックファスト」が食べたくなります。日本でも、イングリッシュ・ブレックファストを食べたことがあるよ、と言う方も多いのですが、たいていの場合、「イングリッシュ・ブレックファスト」という名前で提供されたホテルの朝食だったり、単にトースト、卵料理、ベーコンの組み合わせだったりします。フル・イングリッシュ・ブレックファストはこれらとは全く違うのです。

ホテルではしばしば、イギリス料理が旅行者の口に合わないことを想定して、簡略されたバージョンを提供しています。イギリス人の友人がいれば、家で「フル・イングリッシュ・ブレックファスト」を作ってもらうこともできますが、一番いいのは”greasy spoon”と呼ばれるタイプのレストランへ行くことでしょう。

たいていの町には少なくとも一軒“greasy spoon”があるはずです。この呼び名の由来は実はアメリカからで、安くて、労働者階級向けのレストランを指します。アルコールはメニューになく、飲み物はソフトドリンク、紅茶、コーヒーのみです。イギリス人なら一軒はどこにあるか分かっているはずです。様々な種類のメニューがあり、今日ではしばしば、非イギリス人によって経営されています。“greasy spoon”という名前からなんとも薄汚いレストランというイメージを持ちますが、実際は通常、(素敵なレストラン、とまでは行かないまでも)とても掃除が行き届いています。

メニューを見ると、“All-day breakfasts”(終日提供できる朝食メニュー)の欄にはたくさんの種類があるのがわかります。価格はたいてい5から6ポンドです。前回ケンブリッジに行った際には、1時間くらい歩き回って、 “Cafe Avalanche”という素晴らしいレストランを見つけました。数年間おいしいイングリッシュ・ブレックファストにありつけていなかったので、 6ポンドでthe Avalanche breakfastというものをオーダーしました。

出てきたのは、

4 slices of fried bacon カリカリのベーコン4枚

4 sausages  ソーセージ4本

two slices of toast  トースト2枚

two slices of fried bread 揚げパン2枚

1 serving of baked beans ベイクド・ビーンズ

1 serving of fried mushrooms フライド・マッシュルーム

1 fried tomato フライド・トマト

1 serving of black pudding ブラック・プディング1個

1 large serving of chips フライドポテト

2 fried eggs 目玉焼き2個

Unlimited cups of tea 紅茶(おかわり無料)

イギリス基準にしても少し大めの量でしたが、とてもおいしかったです。たくさん食べ過ぎて、食べ終わるときには少しくらくらしたくらいです。あらゆる種類の新聞が置いてあり、自由に読むことができます。私は紅茶が大好きというわけではないので、別途缶入りオレンジソーダを買いました。

理想を言えば、「フル・イングリッシュ・ブレックファスト」を食べるのは、少々二日酔いを抱えているときでしょう。そして、家に帰って寝るか、またパブに繰り出すのです。残念ながら(?)、今回はその日やることがあったので、前日には飲んでいませんでしたが。。。

会計をしようとレジに向かっていたとき、(おそらくギリシャ人の)男性から「ケーキ食べないか?」と声を掛けられました。冗談だと思ったのですが、彼が本当に「無料だから!一切れもらってよ!」と言うので、私は結局ケーキを一切れポケットに入れて帰ることになったのです。

本当においしい「フル・イングリッシュ・ブレックファスト」を提供してくれる“Greasy spoon”を見つけることが、イギリス生活における私の楽しみのひとつです。東京にはこれに似たようなものはありませんが、日本人はよく、最高においしいラーメンを求めてラーメン屋を渡り歩きますよね。それに似ているかもしれません。

 

Whenever I go back to the UK I try to eat at least one “Full English Breakfast”. Japanese people sometimes tell me that they have eaten an English breakfast, and then tell me that they were served something in a hotel that was called an English breakfast, and was basically toast and eggs and bacon, or something like that. This is not really a “Full English”. Hotels often give smaller versions to tourists because they assume that foreign people will not like our food. Also, you can have a “Full English” cooked by your friend, but for best results I believe you need to go to a “greasy spoon”.

Most major cities will have a “greasy spoon” somewhere. The term “greasy spoon” comes from the US, and is used to describe a cheap, working class, restaurant. They don’t serve alcohol, just soft drinks, tea and coffee. If you know a British person, they will usually know one somewhere. You can get various kinds of food there, and they are often run by non-British people these days. Although “greasy spoon” implies bad hygiene, in fact they are usually clean, although not classy.

When you look at the menu you will probably see a variety of “All-day breakfasts”, usually priced around 5-6 pounds. Last time I was in Cambridge, I spent an hour or so before I found a great place, called “Cafe Avalanche” I hadn’t had a good English breakfast for a couple of years, so I spent about 6 pounds on the Avalanche breakfast.

For this I got:

4 slices of fried bacon カリカリのベーコン4枚

4 sausages  ソーセージ4本

two slices of toast  トースト2枚

two slices of fried bread 揚げパン2枚

1 serving of baked beans ベイクド・ビーンズ

1 serving of fried mushrooms フライド・マッシュルーム

1 fried tomato フライド・トマト

1 serving of black pudding ブラック・プディング1個

1 large serving of chips ポテトチップス

2 fried eggs 目玉焼き2個

Unlimited cups of tea 紅茶(おかわり無料)

This was a little large even by UK standards, but it was really good. I was almost hallucinating by the time I had finished, because I had eaten so much. They had all the day’s papers, and I bought a can of fizzy orange drink because I am not a huge fan of tea.

Ideally, when you eat a “Full English” you should be a little “hung-over”, and then when you have finished, you either go home to bed, or possibly go to the pub again. I hadn’t been drinking the night before, and I still had things to do that day.

As I waddled to the check-out the (maybe Greek?) guy, said “Hey, you want some cake?”. I thought he was joking, but he said “It’s free! Please take a piece!”, so I put a slice in my pocket!

Finding a really good “Greasy spoon” that does a really good “Full English” is a great pleasure in my UK life! There is nothing like it in Tokyo, but Japanese people are always looking for perfect Ramen, and maybe it’s similar! Good luck!

 

Comments

comments

Discussion — One Response